「キャッシング・カードローンのおすすめ情報」の記事一覧

審査なしカードローンは無視しましょう

銀行系カードローンは、銀行による個人向けの融資ということで人気があります。
会社名が知られていますから安心感があり、利用者の信頼度も高いそうです。

そのかわり、銀行系のカードローンは、他よりも審査が厳しいといわれています。
借りたお金の使い道の自由度が高いかわり、返済能力の基準が厳しくなっているのです。

審査なしに、簡単にお金を貸してくれる方が気楽なのにと考えがちですが、審査なしでお金を貸して

主婦も利用できるキャッシング

想定外の出費があった場合、主婦でもお金が必要になります。家計を預かる立場としてはそのような事態に直面する事もあると思います。
アイフルは、主婦や学生でも気軽に借り入れが出来ることが特徴です。ですがこの借り入れには条件があります。主婦の場合、パートやアルバイトで一定の収入がある事がその条件となります。
この条件を満たしていれば、ほぼ審査に通りキャッシングが可能となります。
つまり、専業主婦の場合、一

カードローン

カードローンは、基本的に無担保で、いつでも好きな時に、限度額の範囲で必要なだけ借入を行うことができます。資金使途は問いませんので、冠婚葬祭などの不定期な出費や、急なレジャーのお誘いなどにも、自由に使っていただけます。そして、返済も一定の期間内で自由に行うことができます。

カードローンは、大変フレキシブルで利便性の高い商品であることは、お分かりいただけましたでしょうか。

そして、次に、気になる審

無職が利用できるカードローン

現在、広告戦略に出ている消費者金融は少なくありません。ですが、そのような広告の中には、甘い審査や無職の方でも利用可能などの言葉が躍っている物があります。
大手消費者金融などの融資対象者は収入がある人に限られているため、無職では初めから条件に合いません。また、貸金業法を遵守している場合も同様です。無職であっても利用できるカードローンがない訳ではありませんが、このような広告を出している消費者金融は、闇

無職の人のカードローン

金融業社は多くの人に即日融資サービスを提供していますが、誰でも貸すという訳ではありません。 そこは商売ですので、貸したお金が返ってこないと金融業社も困ります。 融資を提供する人に、きちんとした返済能力があるかどうかを審査・・・

スマホでも便利なモビット

モビットは様々な使い方が可能で便利なカードローンですが、スマートフォンを使った便利な利用方法をご存知でしょうか。 モビットには公式のスマートフォンアプリがあり、必要書類の送信機能が付いています。 この機能を利用する事で、・・・

コンビニATMでも利用出来ます

モビットに申し込み後、審査に通ってから融資を手にする方法としては「専用のATMから引き出す方法」や「自分の口座に振り込んでもらう方法」等があります。
特にATMについては、全国に設置されていますので大変便利です。
またそれだけではなく、コンビニや銀行のATMを使うことが出来るので、身近なところで融資を手に入れることが可能になっています。
ただし、ATMでのキャッシング利用の際は手数料がかかりますの

(専業)主婦がお金を借りることは出来るのか

キャッシングやカードローンを利用する為の基本条件は、「20歳以上で安定した収入がある方」となっています。ここに具体的な職業などの制約は書かれていませんので、条件を満たしていれば職業に関わらずお金を借りることが出来るということになります。当然、(専業)主婦でもお金を借りることは出来ます。

主婦の場合、アルバイトやパートを含めて何らかの個人収入がある為、金額によっては自分自身の信用能力で借り入れをす

【審査なし】でお金を借りることは出来るのか

キャッシングやカードローンの広告の中には「審査なしで利用可能」と言ったニュアンスの広告をたまに見かけますが、基本的に真っ当な消費者金融や銀行の場合に審査なしでお金を借りることが出来ることはまずあり得ません。仮に貯蓄が十分になる銀行で融資を申し込んだとしても、その程度の差はあるとして審査は必ず行われることになります。

審査に対して抵抗がある方の多くは、「自分自身の属性に自信が無い」、「会社にバレ

【リスクを回避する事】が上手に利用するコツ

消費者金融や銀行でお金を借りる際、「即日融資に対応している」と言うことが大きな魅力となっています。お金が必要になった場合にすぐに利用することが出来、担保や保証人不要で自由使えることで気軽に利用が可能なのですが、利用方法を間違えると大きなトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

契約後、利用限度額の範囲内であれば24時間いつでもどこでも自由にお金を引き出すことが出来る為、あたかも「自分のお金」であ

サブコンテンツ

このページの先頭へ