「キャッシング・カードローンの審査」の記事一覧

審査がないキャッシングは無い

お金を借りたいと思った時に「キャッシングにするかカードローンにするか」「どこで借りたらよいのか」
等々迷われる方も多いかと思いま。
誰だって、お金を借りるなら、出来るだけ審査が甘くて、手間のかからないところにしたいと思うものですが
アルバイトやパート従業員の方は尚更そう思うのではないでしょうか。

しかし、結論から言ってしまうと「審査が甘い金融業者はありません」

消費者金融の審査は、銀行のカード

キャッシング/スマホ・PC申込み~借入れ

最近はパソコンやスマホを利用してキャッシングの申し込みをする人が増えました。

店舗窓口や自動契約機を利用すると、申込みから契約完了までの時間も短くて済みますし
審査に通ると、すぐにカードを受け取ることができ、その場でお金を借りることも可能です。

しかし、店舗や自動契約機の利用に抵抗を感じる人も多く
その辺りが、ネット申し込みを利用する人が増えている要因と言えるでしょう。

ネット申し込み・振込

キャッシングカードローン審査/ブラックはNG

ブラックリストやブラックという言葉は、融資の審査関係の話ではよく聞く言葉ですが
俗にブラックリストと呼ばれているもの実態は、個人信用情報機関の事故情報(異動情報)の事を指します。

たまに「ブラックに載っちゃたから、お金借りられないんだよね」という人がいますが
これは過去に利用したクレジットカードや・各種ローン・キャッシングや分割払いなどで
長期延滞や債務整理などの記録が、個人信用情報機関に残って

カードローンの利用

カードローンの利用が長くなってくると余裕が出てくることから、現在の借り入れ可能な上限金額より多くのお金が欲しくなったり、初めに設定された上限金額が想像していたよりも少なかったという状況下では、追加でお金を手に入れる為に他の会社から新たに借り入れをしたり、借り入れ可能な上限金額を増やしたりといったことを行なうことになります。
そこで今回は、イオン銀行で取り扱われている“カードローンBIG”を例に借り

生活保護・メリットとデメリット

最近は、非正規雇用者の増加や、就職難などの影響から、生活保護を受ける若者も増え、
生活保護受給世帯数が過去最高を記録したという話も聞きます。
生活困窮者にとって、生活保護はまさに救いの手ですが、良いことばかりとも言い切れません。

単に、生活保護を働かないでお金を手に入れる方法と考えている人も多いようですが、
生活保護をうけている方の実情は、なかなか辛いことも多いのです。

高齢者や、母子家庭の方

生活保護・支給月額の計算方法

何らかの事情で、働くことが出来ず、生活に困った場合には、生活保護を受けることも一つの方法です。
生活保護が受けられれば、当面の暮らしの保証が得られるので、仕事探しもしやすくなるのではないでしょうか。

ただし、生活保護は良いことばかりではありません。
一度生活保護を受けると、その生活から抜け出せなくなる人も沢山いますので、
安易な気持ちで、生活保護を受けることはお勧めできません。

-生活保護の支

生活保護の受け方・申請方法と流れ

毎日コツコツ働いて暮らしていくことが、人としての基本ですが、
様々な事情で、働くのが困難な場合など、生活保護を受けることを検討しましょう。
二進も三進もいかない、どうしようもないという時は、国に助けを求めるのも一つの手です。

生活保護は、自治体の方針や、担当者の当たり外れによって、受けやすさが異なります。
また、最近では、不正受給者が増加したことで、審査を厳しくする向きもあります。
しかし、生活

太陽光発電設置・銀行のソーラーローンで借り入れる

東日本大震災発生以降、原発事故による放射問題などにより、再生可能エネルギーに関心を寄せる人が増えています。
なかでも、太陽光発電に注目する人が多く、その需要も高まっています。
太陽光発電は、エコロジーかつ個人で電気を生産可能なため、お得感があるという事で人気なようです。

太陽光発電で生産した電気は、個人宅で使用できるうえ、余剰分を電力会社などに売ることが出来る為、
省エネ、節約、副収入となかなか

生活資金が足りず

生活資金が足りず暮らしに困って、親戚や友人からお金を借りたり、カードローンやキャッシングをする人がいます。
しかし日々の暮らしが立ち行かない程、お金に困っているのなら、生活保護を受ける方が現実的です。

生活保護の受給には、多くの制限があり不便なことも多いですが、月々の生活費のために借金を繰り返すことは、
人間関係を壊す原因にもなり、良い方法とは言えません。

ただし生活保護は、就職しやすい若い人

生活保護

資産を持っている人-

生活保護を申請するほど、お金に困っている人が、土地、建物、車、貯金、生命保険などの資産を持っているとは、
客観的に見て、納得できない話です。
公共の交通機関が整備されていなかったり、通院や介護など、生活上の不便がある場合は、車の保有は認められますが、
それ以外の資産の保有は認められません。
保有する家財道具も制限がありますが、TV・洗濯機・冷蔵庫などの生活必需品となる家電の

サブコンテンツ

このページの先頭へ