カードローンで在籍確認の電話が掛かってくる前に確認すべきこと


社会的立場が重視される職場や、どうしても会社や同僚にはキャッシングについて知られたくない場合など、なにか事情があって在籍確認の電話を掛けられては困る場合もあります。そんな時、電話以外にも別の方法で在籍確認が出来るようになっているキャッシング会社もあります。
申込者が申請書類に記入した会社に確かに勤めている、ということを証明できる書類を金融会社に提出することで、在籍確認を済ませることが可能な大手の消費者金融もあるのです。その時に提出が必要になる書類は、例えば、源泉徴収票や会社の健康保険証、社員証などです。
在籍を証明できる書類による在籍確認を認めている消費者金融は、一部の大手会社だけになりますので、申込前に可能かどうか調べてチェックする必要はありますが、このやり方であれば会社への確認電話は掛かって来ません。ですから、同僚や会社に知られる危険を確実に避けたい場合に便利です。

在籍確認は、冒頭にも書いたとおり、申請された通りの仕事に本当に就いているのかどうかを調べるための確認です。中には、全然違う会社に勤めていると申請をしてしまったり以前に勤めていた会社を書いたりする人もいるので、このような確認作業が必要になってきます。
実は、在籍確認にはさらに別の意味もあります。それは年収の確認です。
近頃のローン申請には、収入証明書類を提出しなくても契約できるものが多くなっています。それで年収は自己申請になるわけです。その年収が実際に申請通りなのか、在籍確認によって役職や企業名を確認することで、プロの目で見抜いてしまいます。
借り入れの限度額は年収で決定されてしまいますので、申込者としてはなるべく高い年収を申請したくなってしまいます。ですが、ウソを書いても、疑われて収入証明書類を提出するよう請求されることになりかねません。ですから誠実に申請する必要があります。

カードローンとかキャッシングを申し込んだ時に、在籍確認という手続きがあります。これは、申し込みの書類に書かれている通りの仕事をしているかどうかを調べるために行われます。ですので、勤務先として申請した会社に、金融会社から直接電話が掛かってきます。
この電話に本人が受け答えをしたり、本人が出られない場合でも外出中であることを他の人が伝えたりすれば、在籍確認ができたことになり、審査が進んでいきます。
ただ、この在籍確認の電話がちょっと面倒なことに感じるシチュエーションもあります。
例えば、在籍確認の電話では金融会社側は会社名を告げないことが多いのですが、中にはそのような電話は不審であるとして、受け付けない会社もあります。その場合、ローンの申し込みをした人が社内で電話対応をする人に、前もって「在籍確認で電話がかかってきます」と伝えておかなくてはなりません。借金について同僚に話すことになりますので、ちょっとハードルが高く感じる方もいらっしゃると思います。
また金融会社側からしても、在籍確認の電話に人件費が取られる、迅速な審査を行ないたいのに時間が取られる、という事情もあります。
ですから、特に必要な場合にだけ在籍確認を行なう金融会社や、限度額の低い案件では審査の状況によっては在籍確認をしない場合もあり、全件に電話を掛けるのではなくて無作為に選んだ人にだけ電話を掛ける会社なども多くなっているようです。
それで在籍確認をしない商品は、審査があまり厳しく無いタイプのキャッシング商品の中でも特に人気が高くなっています。

キャッシング会社に融資の契約の申し込みをすると、金融会社から自分の仕事場に電話が掛かってきます。その在籍確認の電話で、借金について会社に知られてしまうことを心配する人は多いです。そのことで社内で噂になったり、社内での自分の信用や評価が落ちるのでは、と不安になるのですが、実際のところ、在籍確認によって借り入れがばれてしまうことは余り無いようです。
なぜかと言うと、やはり金融会社側も利用者側の不安は分かっていますので、注意を払っていて、在籍確認の時に会社名は名乗りません。在籍確認の電話は個人名を名乗って掛けられますし、会社名を問われた時は関連企業の名前などを告げます。また、電話が直接申込者とつながらなくても、申請されている会社に確かに在籍していることが分かれば何度も電話を掛けることはありません。
それでも、社会的な立場を重視する公務員や大手企業の社員などの場合、逆に小規模で全部筒抜けになってしまうような会社に勤めているような場合などでは、在籍確認は避けたいと思う人が多いようです。

在籍確認がなされる前に、行き違いが起きないよう気を付けなければならない場合があります。
それは、転職が絡んでくる場合です。
在籍確認の電話が掛かってくる時に、その会社に勤めていなければ、確認が失敗して審査が終わってしまいます。それで、申請する時に転職活動をしているような場合は、在籍確認の電話が掛かる会社に在籍しているよう、気を付ける必要があります。
また、もう契約済みでカードローンを持っている場合でも、転職によって仕事が変わったなら金融会社に連絡しておかなければいけません。
勤務先は信用情報機関に載せられていますので、それが連絡もなく変わっているとカードローンやキャッシングの契約違反になってしまいます。そうすると、新しくローンを組もうとしても審査に失敗して落ちてしまいますし、今持ってるローンも取り消されてしまう可能性すらあります。
ですから、転職で勤め先が変わるような場合は、キャッシング会社に申請を忘れないようにする必要があります。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ