返済で効果的に繰り上げを行う方法


繰り上げ返済をすると、ローンの総返済額を少なくし、返済期間を短くすることが可能になります。カードローンとかキャッシングで借入をしている場合、やはりどうしても金利が高くなってしまう事が悩みです。その場合、少しでも早く返済を知る事で支払いを得にする事が可能です。方法としては毎月定額で返済しているほかに余裕が出来た月には、ローンの返済に回すようにするのです。例えば住宅ローンのような長く返済のかかるローンだとしてもボーナスで臨時収入が有る時に、まとめて繰り上げ返済を実行する事により、
年間単位で返済期間を短くする事となります。結構な金利子を削減する事が出来るのです。
でも、毎月の生活費を捻じ曲げてでも、繰り上げ返済の方にこだわってしまうと、心身ともに参ってしまうかもしれません。もし体を壊して仕事に支障が起き、収入が減ってしまったら毎月の返済が出来なくなってしまう事でしょう。その時、もしも他のローンからお金を更に借りたらますます支払額が増えてしまいます。そうなってしまったら元も子もありません。念のため、一か月から三か月位の生活費は貯金しておくことが得策です。
そして、それ以上の余裕が出来たならば繰り上げ返済を考えてみると良いのではないかと思います。

計画をしっかり立てて返済しましょう
カードローンをするだけに限りませんが、お金を借りるなら絶対に返済計画を考えて下さい。毎月どの位返済できるのか、いつごろすべてを返済できるのかを把握しましよう。
例え少額の借り入れだとしても、絶対にいつまでに全額返済できるのかを考えたほうが良いと思います。少しだけだから、そのうち払い終わるなんて甘く考えていると後で、予想外の出費が起こった時にピンチになってしまうからです。
ある日突然に返済が不可能になって焦る事の無いようにして頂きたいと思います。

カードローンの返済方法には二種類あるのです。
どのようなものかと言いますと「約定編纂」と「随時返済」と言うものです・
約定返済と言うのは、決まった日に、見合付き金額を返すという方法です。
随時返済と言うのは、任意で、ご自身に余裕があった時に繰り上げて返済をする事です。
とにかく約定返済は絶対に守る事です。この事は何よりも大切な事です。
何よりも信頼問題が大事です。約定返済を守る事が出来ないと信用情報というもがあり、それに傷がついてしまいます。そうすると新しい借り入れをしたい時に出来なくなってしまいます。ですから必ず毎月の約定返済はちゃんと守って頂きたいと思います。

随時返済の返済方法のコツについて
それでは、もう一つの返済、随時返済についてのお話です。
コツとしては、文字の通り、随時返済すると言うものです。
自分に余裕のあるお金が有る時には約定返済とは別に返済をするのが随時返済です。
この随時返済と言うものは、約定返済とは違い利子が発生いたしません。
約定返済をする時には元金と利子が発生いたします。しかし随時返済の場合ですと、
利子を支払わなくても良いのです。だから返済した金額がすべてそのまま元金に充てられる事になります。すると、約定返済で発生していた利子の額が一緒に減る事になります。
結果として、利子をグッと減らす事になります。この約定返済と随時返済を利用して賢く返済しましょう。
要するに、返済する時のコツとしては、約定返済は毎月しっかり守り、そのうえ、随時返済を定期的に行う事で利子を抑えるというのが良いと思います

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ