借り換えってどういうもの?


借り換えという言葉を易しい言葉で言い換えると、キャッシング済みである消費者金融や銀行といったようなところから、キャッシング済みのところより金利が低いところに借りたお金を丸々移し替えることだと言えます。
即ち、既に甲社において30万円のキャッシングが行なわれていたとして、そのお金を返済するために甲社より金利面で有利な乙社において30万円のキャッシングを行ない、このお金を使って甲社に対する借金を全部返せますので、結果として、金利面で有利な乙社へ移し替えたということになるということです。
キャッシングをしようとする場合は、今後借り換えという言葉は常時頭に入れておいた方がよいでしょう。
始めから好条件の会社にお申し込みを行なうのがベストですが、いつもそのようになるのは難しいかもしれません。それに好条件の会社であればその分審査も厳しくなってきますので、場合によっては1番金利が低いような会社よりも、2番目、3番目に金利が低いような会社を選んだ方が良いケースもあります。
そういったケースにおいては、無理をせずに、まずはその会社でキャッシングすることを決め、時間が経ち余裕を感じ始めてきたら、1番金利が低いとされる会社へ借り換えることを考えてみるといった手法が最も賢明なやり方だと言えます。
“遠くの親類より近くの他人”といったようなことを聞いたことがあると思います。
多少条件が悪くとも、すぐにお金を貸してくれるところがキャッシングが必要な利用者にとっては一番良い場所と言えるのではないでしょうか。

キャッシング際に付き物である金利は、キャッシングする金額によって違いはあるものの、現在の法律においては、一番高くとも20%までとなっており、下限では3%から3.9%程に設定されているところも複数存在します。
それに対して、20%というところは、現在において目にする機会は殆どないでしょう。
さらに金利について見ていくと、消費者金融と銀行系と呼ばれるカードローンでは銀行系と呼ばれるカードローン、銀行の規模といった面では、大きい銀行とそうでない銀行では、大きい銀行の方が金利面で有利なことが多く、キャッシングのタイプ、銀行の規模も金利に関係してきます。
ですから、今のキャッシング会社の情勢を考慮すると、最も低い金利でキャッシング可能なところは規模の大きい銀行が親会社となっている場所でのカードローンであるという結論が出せます。
キャッシング会社によっては、下限の金利を10%もしくは9%程度にしているところもあり、それに対して規模が大きい銀行の銀行系のカードローンでは金利が、4%もしくは3%程となっていることも少なくありません。
したがって、下限の金利のみで選択するなら、規模が大きいとされる銀行の銀行系のカードローンを選択すべきですが、ただし、その金利で利用しようとするなら、キャッシング出来る上限金額まで借りなければならないケースが大半だと言えるでしょう。
そういったこともあり、自分が求めているキャッシング金額では金利がどれくらいか?といったことを頭に入れておくことが大切になってきます。
結局、規模が大きい銀行の銀行系のカードローンは全体的に低い金利設定となっていると考えてよいですが、条件次第では、地方銀行もしくは消費者金融等においても、低金利でキャッシングが出来る場合もあります。
そういった理由から、可能な限り多数の会社における金利についてリサーチするのがキャッシングをする際には大切になってきます。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ