キャッシングの利子はどの様に増えてゆくのでしょうか?


お金を借りたいと、個人が希望した時に、
銀行や消費者金融から借入を行う事をキャッシングと言います。

当然の話ですが、借りたお金は必ず返金しなければなりません。
ところが借入した金額だけを、
そっくりそのまま返金すれば良いという意味ではありません。

借りた金額に対して、実際に返金する金額は、
元金から計算された利子を足して一緒に返金する事になるからです。
そもそも、利子とは、言ってみればお金を借りた元金の使用料と言う形となり、
元金とは借入をした時の金額そのものを示します。

この利子が金融機関である銀行や消費者金融にとって大切な利益となります。

 ◇キャッシング利用する時、利子を含めた返済の能力があるか心配。

利子と聞きますと少し、心配される方もいらっしゃると思いますが、
びっくりする程の額が、利子になる訳ではありません。
借入を希望する本人がしっかりと返済計画を立てれば心配する必要はないでしょう。

この頃では国が法律を定め、借入した元金に対する利子の比率の上限を
無理なく返済できる金額に抑えられる様になりました。

だからと言ってあくまでもお金の貸し借りですので、油断するのは危険です。
それでは早速、キャッシングを利用する時の利子の成り立ちについて、
これから基本的な動きについて書いて行こうと思います。

 ◇利子計算の意味について

利子と言うのは、基本的に年利から計算され、
キャッシングサービスを利用する時の基準となります。
借入した元金に対して、
一年で何パーセントと決定されたパーセンテージを掛けます。
そこから利子を割り出すのです。
・・とは言うものの、キャッシングでは少額の利用者も結構多いのが特徴です。
一括払いで一週間から一か月までに返済するという事も割と良くあります。

利子の割り出し方としては、借りた時から返金が終了するまでの日数に、
年利を一年間の365日で割った利子を掛けるという計算方法で算出しています。
上記により、利子の成り立ちや計算方法の二つについて説明しました。
利子と言うのは借入をした金額が増えれば、それに見合って増えてゆきますし、
返済の日数が長ければ長い程、増えてゆく仕組みとなります。
この二つを逆に捉えながら、出来るだけ少ない利子ですませたいと思っている人達に
何かアドバイスできる事があるとすれば、
それはとてもシンプルな考え方となるのですが、
お金はできるだけ少なく借りて、できるだけ早く返済するという事につきます。
でも、お金の借入の返済方法を、すべての人が一括払いで済ませていると言う訳ではありません。
多くの人がキャッシングをする際に分割払いを利用しています。
分割払いとは、借りた元金に対して、加算した利子を支払い回数に分けて返金してゆく方法です。
この返済方法でキャッシングを利用されている方はとても多い様です。
それでは、分割払いで返済する時の利子についてこれから書いて行きたいと思います。

 ◇分割払いの特徴とはどの様なものでしょうか?

分割払いでキャッシング返済をする場合の特徴としては返済回数が決められていると言う点にあります。
返済回数はどの様に決定されるのかと言いますと、返済の計画を立てる際に決まります。
取り上げられる返済方法としては、元金均等返済と元利均等返済の二つの分割払いの方法があります。

?・元金均等返済の意味とは?

  返済する時に元金の毎月の返済額を固定して利子と合わせて返済する方法です。

②・元利均等返済の意味とは?

  返済する時に、元金と利子のどちらも両方合わせて毎月の返済額を固定して返済する方法です。

元金が毎月、同じ金額で固定される元金均等返済は、月ごとに残高が減ってゆきますので、
それに合わせた利子が付いてきます。利子が毎月減ってゆくので返済額も小さくなります。
それに比べて元利均等返済の場合は、毎月の返済額は同じですが、
返済する金額の内訳は変化してゆきます。毎月ごとに元金と利子の割合が変わるのです。
元金と利子は、この様な方法で返済をしてゆきます。

自分がどちらの返済方法を選択するかについては、
それぞれの特徴や利点・あるいは不利な部分をよく知り、よく考えてみる事が重要です。
非常に効率的ですっきりと返済できるのが元金均等返済の良い点ではありますが、
月ごとに利子が変化しますので、毎月ごとの計算が必要となります。
また、元利均等返済の場合には、大きな金額の借入をする時に、返済回数が増えるため、
毎月返済する返済額が同じなので返済のイメージがつかみやすいという利点から、
計画的に返済をする際はとても便利な方法です。
その反面、元金均等返済と同じ金額を借りたのに、
返済期日が長く、利子も増えてしまうという欠点もあります。
一つのアイデアとして、少額で借入を希望する時には元金均等返済を利用して、
高額の借入を希望する時には
元利均等返済を選択するというのが、一番お勧めかと思います。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ