銀行とノンバンク(消費者金融と信販会社など)には、どの様な違いが有るのでしょうか?


具体的に言いますと・・

・銀行やノンバンク(消費者金融や信販会社等)など、キャッシングやカードローンを主に取り扱っている会社です。

・ノンバンクとは、国が定めた法律の総量規制の対象内であるのに対し、銀行は総量規制の対象外である所に違いがあります。

どちらを利用するかについては、各々の特徴を吟味した上で申込むと良いでしょう。
例えば、専業主婦ならば銀行のキャッシング・カードローン、
急いでお金を用意したい人ならば
即日融資が可能な消費者金融のキャッシング・カードローンがお勧めです。

突然の出費でお金を準備しなければならない時、
キャッシングやカードローンを利用するケースが一般的になりつつあります。
キャッシングやカードローンは、それぞれ取り扱っている業者の種類に違いがあります。
種類は二つに別れていて、銀行とノンバンクに大きく分かれます。

「どうせ、同じ金額を借りるのなら、どれを借りても同じでしょ?」
 と思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。
 この二つには大きな差がありますので、それぞれの特徴を比べながら、
 自分の都合に良い方を選択しましょう。

?・銀行のキャッシング・カードローンにはどの様な特徴があるのでしょうか?

 それでは、銀行とノンバンクの特徴について、簡単にご説明を致します。

1・銀行のキャッシング・カードローンについて

 銀行のキャッシング・カードローンとは銀行が取り扱っている金融商品です。
 呼び名にはキャッシングやカードローンなどがありますが、内容に変わりはありません。
 これらの種類の特徴は次の通りです。

◇総量規制の対象外となっています。

 総量規制とはどの様な意味なのかをこれから説明致します。
 
 総量規制とは国が定めた賃金業法と呼ばれる法律です。
 消費者金融や信販会社などノンバンクと言われる金融会社では、お金を貸し出す時に色々な制限を付けています。
 具体的に言いますと、年収の3分の1を超えて貸し出しをしてはいけないと言う決まりです。
 ちなみに300万円の年収がある人の場合、ノンバンクからお金の借入れを申し込むと借入限度額は100万円になります。
 しかし銀行のキャッシングやカードローンの場合は、規制が対象外となっています。

◇専業主婦でも、お金の借入が出来る事をご存じですか?

 お金の収入がゼロの専業主婦は、お金の借入れをする事は難しいと言う固定観念を
 持っている人が多いと思います。
 実は配偶者に一定の収入さえあれば、銀行のカードローンや
 キャッシングなら主婦でも限度額内の借入をする事が可能です。

◇特徴は金利が低めに設定されている事です。

 銀行の場合、キャッシングやカードローンの審査は厳しくなっています。
 その分、金利が低く設定されているのが特徴です。
 審査によって貸出しする人を厳しく限定している為、
 返済が滞る心配が少ないので低い金利で設定されています。

?・ノンバンクのキャッシングやカードローンにはどの様な特徴があるのでしょうか

 ノンバンクと言うのは、お金を借りる本人個人に対して小口の融資を行う金融機関で、
 銀行以外の消費者金融や信販会社を指します。
 ノンバンクのキャッシング・カードローンには次の様な特徴があります。

◇短期の所要時間で融資を実行する事が可能です。

 ノンバンクのキャッシング・カードローンの場合、
 殆どの業者が短期間で初回融資を行っています。
 金融業者によっては最短・30分程で融資を受ける事が可能となります。
 もし突然の出費で急いでお金を準備したいと言う時に、
 非常に役に立つサービスです。
 国で定めた総量規制の対象となりますので年収の3分の1までしか
 借りられませんのでご注意ください。
 ちなみに年収が300万円の場合でしたら色々なノンバンクから、
 合計で100万円まで借入を行う事が出来ます。

◇お金の借入や返済の方法が多様で使い勝手が良いのが特徴です。

 振り込みによる融資が出来る他に、借りる本人の近くにあるコンビニに提携されているATMを利用したり、
 ネットキャッシングを利用したりも出来るので便利です。
 又、返済に関しても、ネットバンキングを利用したり、
 近くのコンビニのATMや本人開設の口座から引き落としたりなど、
 多様な種類の方法がありますので、時間や場所にこだわらずに返済する事が可能です。
 ノンバンクの特徴は銀行に比べて審査や融資を短期で行うケースが多く、お金の使用範囲が自由な所です。

?・銀行とノンバンクのキャッシング・カードローンを比較してみましょう。

 それでは、銀行とノンバンクの違いについて
 詳しくまとめてみようと思います。
    
    ※(あらゆる銀行やノンバンクに該当する訳ではありません)

?銀行の場合

 ●金利について・「平均14%から18%」
 ●初回の融資実行までの時間・「条件により即日融資も可能」
 ●総量規制について・「対象外」
 ●専業主婦の場合・「配偶者に収入が有る場合は可」
 ●収入証明書について・「限度額100万円以上が多く見られる」
 ●パート・アルバイトの場合・「可能」
 ●派遣・契約社員の場合・「可能」
 ●無職の場合・「不可」
 ●返済の方法について・「基本的に定期返済は口座引き落としのケースが多い」

②ノンバンクの場合

 ●金利について・「平均17%から18%」
 ●初回の融資実行までの時間・「最短で30分・即日融資も可」
 ●総量規制について・「対象内」
 ●専業主婦について・「不可」
 ●収入証明書について・「限度額50万円以上で必要」
 ●パート・アルバイトの場合・「可能」
 ●派遣・契約社員の場合・「可能」
 ●無職の場合・「不可」
 ●返済の方法について・「ATM・ネットバンキング・口座等から引き落とし」

?・自分が銀行とノンバンクのキャシングのどちらに向いているのかよく・考えてみましょう。

 
 取り敢えず違いについて理解はできたけれど、
 実際に自分がどちらに向いているのか、まだぴんと来ない人もいると思います。
 そんな人の為にパターン別によるお勧めの業者を紹介して行きたいと思います。

◇専業主婦の方なら銀行のキャッシュ・カードローンがお勧めです。

 専業主婦の方の場合、パートやアルバイトなどの収入が無いので借りられないのでは?
 と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 実は、配偶者に一定の収入さえあれば、専業主婦の方でも銀行によるキャッシング・カードローンを申し込む事が可能です。
 逆にノンバンクでは借りられませんので、こちらをお勧めいたします。

◇初回で借りる方は銀行のキャッシング・カードがお勧めです。

 初回でお金の借入を希望される方は銀行から借りる事をお勧めします。
 なぜなら国で定めた法律の総量規制に理由があります。銀行は総量規制の対象外となりますので、
 今後、ノンバンクからお金を借りる都合が有った時、銀行で借りた金額がカウントされないからです。
 例を挙げますと、年間で300万円の収入が有る場合、始めにノンバンク①で70万円借りた後、
 再びノンバンク②から50万円借入を希望しても、総量規制の対象内となり30万円だけしか借りられなくなります。
 はじめに銀行から70万円を借りておけば、後でノンバンクから100万円を借りる事が可能です。

◇属性に自信がなくて不安なら、ノンバンク(消費者金融)のキャッシング・カードローンがお勧めです。

例えば、収入が少しだけしかない・転職してからまだ一年もたっていないと言う場合、
審査に通るか不安に感じる人もいるかと思います。
そんな方にはノンバンクでのキャッシング・カードローンをお勧めしたいと思います。
緊急にお金が必要な場合、銀行よりも審査が通りやすいので頼れます。
その代り、銀行よりも金利が高く設定されていますので、くれぐれも計画的に返済をする様に心掛けましょう。

◇即日融資を希望するなら、ノンバンクキャッシング・カードローンをお勧め致します。

 銀行でも即日融資は出来ますが、ノンバンクよりも条件が高くなります。
 まず、銀行での口座を持っている事と午前中までに申し込みの契約を
 行わなければならないと言う決まりがあります。
 しかしノンバンクの場合、自動契約機利用で夕方からでも
 即日融資が出来ますので急な出費でも安心です。

?・まとめ

 以上の様に、銀行とノンバンクのキャッシング・カードローンにはそれぞれに特徴があります。
 どちらも金利の面や融資のスピードなど、メリットやデメリットがあります。
 よく比較して、自分の都合に合うキャッシング・カードローンを選択しましょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ