銀行カードローンの注意点


現在、様々な会社や街中等でキャッシングをすることが可能となっていますが、その中で銀行が最も安全だということは確かです。
それは銀行とは異なり、消費者金融等はキャッシングをメインとして業務を行なっていることに対し、銀行ではそれは数ある業務の中の一つにしか過ぎません。
当然ながら銀行はお金に関してはプロフェッショナルな集団ですから、それの管理能力に関してはその他の会社と比べ、劣るようなことはありません。
テレビドラマ、新聞等において銀行からの融資を拒否された等ということを聞いたことがあるかもしれません。
このように融資を行なう会社の規模に関係なく、銀行自身がその会社に融資を行なうことが少しでも不安に思うなら、融資を拒否するといったケースは少なくないことでしょう。
そういったことから、私達のような一般の人に向けた融資、つまり銀行系と呼ばれる種類のカードローンのようなものであっても、審査は厳重に行なわれており、半ば強制的に融資を行なわせることは決してないことと言えます。
融資を行なうことが不安、要はきちんと返済してもらえなさそうな相手である場合には、最初から審査で不合格にしてキャッシングそのものを利用不可としています。
ですから、銀行で取り扱われている様々なローンやキャッシングは不安がないとは言いますが、それよりは安心して利用可能となっているものだけ銀行では取り扱われていると言った方が正確かもしれません。

金利面で消費者金融と銀行系と呼ばれる様々なカードローンを比較すると、後者の方が優位に立っていることが多いです。
そうはいうものの、細部に関してはそれぞれの消費者金融や銀行の業績にも関わってくる部分でもありますので、今ここで明確な数値として表すのは容易ではないとも言えます。
ですが、私的なイメージたけでお話するとすれば、消費者金融と銀行系のカードローンとを比較した場合、銀行系のカードローンの方が消費者金融のそれと比較して1%~2%ぐらい低めに設定されていることが目立つような気がします。ただ、現在では消費者金融、銀行系のカードローン各々の違いを判別しにくくなってきたということを頭に入れておく必要があります。
誰が見ても銀行とは縁のない消費者金融であることを判断をつけられるようなケースであれば、金利面では銀行系のカードローンの方が優位に立っているということは確かです。
ですが、貸金業法が改正されたことにより、規模の大きな銀行の支配下となっている消費者金融が増えてきています。
ですから、会社の名前は消費者金融として知られているところでも、キャッシング業務を見ると、実は銀行系のカードローンに分類されるといったことは珍しいことではありません。
そのため、消費者金融、銀行系のカードローンの線引きが容易ではなくなってきていることもあり、さらにそういった理由から、消費者金融と銀行系のカードローンの金利面での比較が思っているよりも簡単ではないと言うことが出来ます。

お金が欲しくなる時というのは、大抵の場合、想定の出来事が起こった時だと思われます。
銀行でキャッシングをしようと思っても、審査に時間がかかってしまうのでは?と考えてしまう人が多いかもしれません。考えとして確かにそれは間違いではありません。
今回は、銀行においてのキャッシングの際の審査時間についてお話していこうと思います。
最初に消費者金融との比較で見てみると、消費者金融においては申し込んだその日に審査を終えることが可能といった場所が目立ちます。それに対して、銀行を見てみると、銀行では審査に7日間程要する場所や早いところでは申し込んだその日に審査を終えるところも存在します。
ですが、その日とは言っても、「何時までならその日のうちに終えることが可能」といったように、時間的な制限があるところが多数存在します。
では、次にどうして消費者金融に比べ銀行においては審査に時間がかかってしまうのかということについて述べていきたいと思います。
消費者金融の融資先は個人となっています。そのため消費者金融にはそこにしかないデータが存在しており、データの中身としては“利用者の年齢”、“1年間の収入”、“他からも借りているか?”といった情報、さらには“独身?または家族持ちか?”といった内容になっており、利用者が新たにキャッシングをしようとする場合、そこからキャッシング出来る上限金額というものを算出しているわけです。近年ではパソコン、スマートフォンの普及に伴い、それらの端末を利用してのお申し込みが可能となっているので、さらなる時間の短縮が可能となってきています。
それに対して銀行を見てみると、仕事内容としてはキャッシングに限らず、その他にもいろいろな仕事をしています。それに加えて、貸し出したお金が戻ってこないといった状態にならない為に、きちんと返済を行なってくれるような人にしかお金を貸し出ししません。
そういったこともあり、審査に関しては時間をかけてじっくり行なわれています。
銀行においての審査時間を見てみると、各々によって差異はあるものの、早いところではお申し込みをしたその日に終えることができ、遅いところでは7日間と見ていた方が良いでしょう。

借金がテーマとなっているドラマのようなものを見ていると、担保や保証人というものを聞くことが結構あるかと思います。
ですが、それはドラマの中の話であって、実際にはキャッシングをしようとしても、そういったものが使われるようなことはないです。
銀行系と呼ばれるところでのカードローンを利用したキャッシングにおいては、そのような言葉すら、使われるようなことはありません。
それは、キャッシングをしようとする場合に、事前に保証会社と呼ばれるところにおいての審査を受けなければならないからです。つまり、保証会社が先に挙げた担保・保証人の代わりとなり、利用者はこういったものを事前に準備することは不要となっています。
即ち、保証会社においての審査に合格出来なければ、キャッシングをすることが不可能とも言えるでしょう。
でも、保証会社おける審査はそれほど厳しいものではありません。
通常、銀行系のカードローンを利用する際の当たり前とも言える条件となっている、“月々の収入がきちんと得られている”、“年齢が条件の範囲内”これらのことをクリア出来ていることによって、まず、保証会社においての審査で落とされるようなことはありません。
そういったこともあって、キャッシングしようとした時に、担保もしくは保証人を求められたら、そこの会社はパスするのが賢明と言っても良いでしょう。
それは、そのような会社は闇金融のような保証会社が存在していないような会社である確率が高いからです。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ