銀行キャッシングとは


銀行自体もしくは銀行の支配下となっている会社が基本的にカードローンをメインとしてお客様にキャッシングサービスを行なう、つまりお金の貸出しを行なうことを”銀行キャッシング”と呼びます。
またこのような形態となっていることから、”銀行系のカードローン”等といった呼ばれ方をすることも少なからずあります。
ここ何年かで頻繁に消費者金融と比べるために取り上げられることもあって、実際その前までと比べ、銀行系のカードローンの利用者数は非常に増えつつあるというのも事実です。
そのようになる最大の根拠としては、銀行系のカードローンを利用したとしても、総量規制が適用されないことが挙げられます。
各々の消費者金融においては、貸金業法の改正に伴いその代表的存在である総量規制が施行されたことによって、業務についての変更を余儀なくされ、言うまでもなく利用者側もその煽りを受けることとなりました。
端的に言えば、このようなものが施行されたことによって、消費者金融でそれまでと同じ利用の仕方というものが不可能となりました。
とりわけ1年間の収入があまり得られていない方や専業主婦といった自分自身の収入がゼロである方達への打撃は大きいものがあり、総量規制により、非常に苦しい生活となった方もいらっしゃるかもしれません。
そのような苦しい人々を助けたと言われるのが銀行系のカードローンであると言えます。
このカードローンは“総量規制とは無関係”なため、前述のような身分の方であっても利用することが出来ます。
このようなことから、以前の消費者金融の利用者が現在は銀行系のカードローンへとシフトしたことが、銀行系のカードローンの利用者が増加した要因と言えます。

現在と同じく銀行系のカードローンが広まる前であっても銀行においてキャッシングサービスを受けたり、融資を受けたりすることは当たり前に出来ていました。
このキャッシングも融資も本来の意味としては同一のものでありますので、キャッシングとは言ってみれば個人の方への融資と解釈することが出来ます。
しかし、普通はキャッシングと融資では利用の仕方が異なる場合が多いとされています。
銀行系のカードローンを用いた際のキャッシングは、自身が利用可能な上限金額内であれば、好きな時に好きな場所で自由にカードを利用し、お金のキャッシングが出来ます。
また通常は使途を問われることはありません。
それに対し、融資を見ていくと、決められた使途に対して必要とされるお金のみを前もって借りるといった形とされています。
例えば、車のローン、住宅ローンもしくは会社運営の資金が挙げられます。
簡単に言うと、融資とは一遍に上限金額まで借りてしまって、その後は返すのみとなるもののことを指します。
キャッシングも融資も銀行からお金を借りるといった行為は同じですが、キャッシングは利用に関しての自由度が高いものとされており、融資はそれとは逆で始めから終わりまでの間の計画を立てた上で利用することが大切になってきます。

キャッシングをする際に店に足を運ぶ必要があるか、否かについては各々の銀行、カードローンのタイプによって違ってきます。
近年ではWEB等を用いた銀行系のカードローンを申し込めることが当たり前のようになってきていることもあり、お金を受け取るまでの間、一度も店に足を運ぶことがないということも珍しいことではないでしょう。
しかし、一部の銀行においては最低一回は店に足を運ぶ必要がありますから、その辺の詳しいことについては前もって調べておいて下さい。
そして、キャッシング出来る上限金額が多いタイプのカードローンであればあるほど、店に足を運ばなければならないケースが多いということも言えます。
銀行系のカードローンの場合は総量規制は適用されませんが、キャッシング金額が高くなると銀行側でも危険性が増すこともあり、本人と一度会うことによって、信頼しても問題ないか否かを判断するといった行為はどうしても必要となってくるため、避けることは出来ないと考えられます。
ですから逆に考えれば店に足を運ぶことなくキャッシングを利用したいなら、キャッシングの額を小さくすることでそれが実現出来ます。
ですが、これまでのことはただ“そういったことが多い”といった見解であり、全部の銀行のカードローンがこれに当てはまるとは言えません。
少ない金額であっても店に足を運ばなければならないところも存在し、逆に高額であってもそれがない場所も存在します。
ですから、何が何でも店に足を運ぶことを避けたい方は、各々の銀行について調べ上げる必要があるということです。

銀行におけるキャッシングというのはATM等の利用によりお金を借り入れることを言います。
審査が不要となっているため、突然お金が欲しくなった際などこのようなサービスが行なわれていると非常に役立ちます。
メインはキャッシングと呼ばれるクレジットカードによる買い物を目的としたものであるため、短い期間での返済となることが多いです。
そしてこのような短期間での返済といった場合、利息が付かないといった所も存在します。
利息が付くような場所では、通常は日割りで算出することになり、金利はキャッシングする会社を選択する際のポイントになるものですが、過剰に気にする必要はないものと言えます。
それに対して消費者金融においては、審査が必要となってきます。これは利息の支払いによってキャッシングするといった形になるので、これが存在しています。
少し前においては闇金融等の場所と同じように考えられていて、危険な印象もありましたが、利息制限法の施行によって100万円借りたとしても、利息は最大で15%とされていますから、施行以前と比較して非常に利便性が高くなったと言えます。
ただし、注意していただきたい点として、もしキャッシング金額が10万円から100万円未満であった場合は、金利が18%となりますから、覚えておいて下さい。
しかし、先ほどのような少ない金利であっても年月を重ねることによって莫大な額のお金となりますから、消費者金融においてキャッシングをする時には、極力短期間の内に返済を済ますということを十分理解した上で行なうようにしましょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ