主婦でも借りれるのはどこ?


主婦のような自身で収入を得られていない方であっても、キャッシング可能な会社は多数存在します。そのような会社の中で、女性の方に向けたキャッシングサービスを行なっている会社があり、女性でもきちんと契約をすることが可能です。
利便性の高いキャッシングに加え、女性の方向けの通話料がかからないサービスを導入したり等、女性でも容易に利用できるような環境が整えられています。
そのため、女性の方であっても、男性と変わらずどんどんとキャッシング出来るという時代になっています。
主婦の方でもキャッシングを行なえる会社として有名なところでは、アコムやプロミス等といったところが存在します。
容易に使えるものが豊富に取り揃えられているこのような有名どころのキャッシングであれば、不安に思うことなく利用出来るでしょう。
ですが、女性は男性と比べ収入が少ない方が多く、女性の中にはパートという属性の方もいらっしゃいます。
このような収入の少なさが原因で、いざキャッシングを行なおうとしても、融資する金額を低く抑えられてしまう場合もあります。
そしてこのようなことから、女性はキャッシングが難しいという考えが広まっています。

当然、主婦のような収入を得られていない方であっても、みずほ銀行においてキャッシングサービスを受けることが出来ます。
最初に確認しておきたいのは、みずほ銀行においてのキャッシングを受けるための前提条件として、“御契約される方の契約時の年齢が20歳に達していて、かつ65歳以下であること”そして、“毎月きちんと収入を得られており、みずほ銀行が指定しているオリコによる保証が受けられる方”といったものがあります。
この中で主婦の方が心配される事項は、“毎月きちんと収入を得られており”といった箇所ではないでしょうか?
ですが、この事項は総量規制が意味する収入とは異なり、パートナーが得られた収入であっても良いこととされていますので、心配されるようなことはないと考えてよいです。
そうはいっても、サラリーマンと同じようにとまではいかず、パートナーに秘密にしてキャッシング可能な金額は、30万円ぐらいが関の山だと思われます。
みずほ銀行からしてもパートナーに秘密にしてキャッシングを行なっていることを分かっていて融資を行なうので、主婦の身分で返済可能となる金額までしか融資は行ないません。
言うまでもなくパートナーの同意を得られているのであれば、また別の話となり、そうであるならば、事実上パートナーの方がキャッシングを行なおうとしていることになりますから、キャッシング出来る上限金額も上がるでしょう。
どちらにしても、主婦の方であってもみずほ銀行においてキャッシングは出来るということに変わりはないと言えます。

ここ何年かの間に、主婦であってもキャッシングを行なわれている方は増加傾向にあるみたいです。
用途としては、お子様の教育費や、生活資金といったものが挙げられます。
ちなみにキャッシングを新たに申し込む際に使い道といったことは、まず聞かれないと思って頂いていいかと思います。
申込書の欄にもそのような事項は存在しません。
聞かれたとしても、会社側で本人であることを確認したいときに“大まかな目的”といったぐらいのものです。
目的が定められているものとしては、住宅ローン、自動車ローンが挙げられ、それ以外には使えませんが、ここではキャッシングについてのお話ですので、フリーローンに分類されるキャッシングであれば会社に関わる費用でなければ、どのようなことにも利用することが可能となっています。
しかし、あまりに不適切な目的であれば融資を断られることもあります。
例えば他の場所での借金の返済資金やパチンコ等といった自らの娯楽に関することが挙げられます。またそのような理由であれば、審査の段階で落とされます。
銀行または消費者金融におけるキャッシングのWEBページを見ると、“生活資金としての借り入れも可能です”と書かれている会社も存在します。
生活資金にも色々あり、“食費の不足”、“入院費”、“旅行資金”等いったようなものが挙げられます。
でも実際はこのような“生活していくためのお金が底を突きそうだからキャッシングしたい”というような本当のことを言うと審査で落とされるのではないか?と考える人もおられるでしょう。
ですが、“生活資金の助け”や“突然お金が必要になった”もしくは“旅費としてのキャッシング”が目的だったとしてもそれほど審査の際にマイナスとはなりません。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ