主婦のキャッシングの注意点


突然お金を要するような出来事に遭遇する時があるかと思われます。
そのような時に親族といった顔見知りの方等に借りることが出来ればそれで済みますが、それが不可能な時は消費者金融等においてのキャッシングを試みます。
ですがそのような方の中には“パートナーに秘密にしておきたい”という方もおられることでしょう。
消費者金融の中でも大手と呼ばれる場所においては、総量規制が適用されたことで、無収入の主婦の方はキャッシングしづらくなりました。
ただパートナーが同意が得られているのであればキャッシング可能といった、いわゆる“配偶者貸付”という制度を利用することによりキャッシングをすることが出来ます。
しかし、これを利用するとパートナーに知られてしまうのが難点です。
大手ではなく、それ以下の消費者金融ならば、パートナーの同意がなくてもキャッシング可能な場所は存在します。
また消費者金融とは違い銀行においてキャッシングサービスを受けるならば、申し込みをする時に”パートナーの同意”、”収入を証明するためのもの”、いずれも不要となっていますので、パートナーに知られるようなことはありません。さらに会社に電話を掛けてくるようなこともしてきません。
ただ一つ条件として、パートナーが毎月きちんと収入を得られていることといったものが付いてきます。
他に利用者が気になる点として、書類のような郵送物が自宅に送られてくるかどうか、ということが挙げられるかと思います。
これについては、利用される各々の銀行で異なりますが、このような郵送物の自宅への送付を拒否でき、さらにお申し込みの際に家の電話番号を書かないことによって家に電話を来なくすることが出来ます。
一つ注意点として、返済の際に振込もしくはWEBを利用すると、その履歴が通帳に記載され、その通帳をパートナーに見られてしまうとキャッシングの事実を知られてしまいますので、返済を行なう際はATMを利用することを心掛け、パートナーに知られないようにすることも大事です。

自分の家に郵便物を届かなくするための方法は非常に簡単で、契約時の書類は不可能ではありますが、それでも受け取り先となる場所を自分の家以外の場所にするだけでそれを実現できます。
日本郵便の御利用であれば、お近くの郵便局にそのままにしておいてほしい旨を前もって伝えておくことで済みますし、それ以外の郵送を行なっている会社であれば、その会社の支店、コンビニエンスストアにおいても受け取りが出来ますので、それらを利用されると良いでしょう。
自分の家で郵便物を受け取ることが当然のように考えておらえる方は、意外と気付きにくいこととも言えますが、このようなことはそれほど少ないケースではありません。
とりわけキャッシングといった家族の者に知られては困るような書類を扱っている会社においては、日常的に行なわれているサービスであります。
しかし、何もせずにお申し込みを行なうと、通常通り家に郵便物が届けられますので、前もってその旨を伝える必要はあります。
会社によっては親切にお届け先を聞いてくれるところも存在しますが、もしそうでない場合は絶対に自ら家に郵便物を届けないでほしい旨を申し込みの際に伝えるようにして下さい。ちょっとした手間で、自分の家に家族の者に知られたくないような郵便物を届かなくすることができ、キャッシングした事実を知られてしまう危険性を回避出来ますから、絶対するべきことだと言えます。

キャッシングを行なった際は、返済は付き物で、毎月それをしなければならない日というものが存在します。キャッシングをした当初はきちんと返済することを誓っていても、予期せぬことでお金が必要になったり、沢山使ってしまったり等、全部返し終わるまでは色々な弊害があります。
仮に返済期日までに支払いが出来なかった場合、どういったことが起きるか調査したので、これについてお話していきたいと思います。
現在きちんと返済を行なっている人も、事前に知っているだけでもしもの時に、対応しやすいかと思われます。
キャッシングした会社別で見ると、消費者金融の場合は、そのままキャッシングした会社、銀行の場合は保証会社からそれぞれ返済がされていない旨と返済を促す内容が書かれた葉書が届けられます。これが最初の段階であって、次は電話で連絡が来るのですが、大きな消費者金融においてはあまり利用者を脅すような話し方はしないです。
消費者金融においては法律に従って返して欲しい旨を伝えなければ、営業停止処分となる可能性があると言われます。
電話を掛けてこられるのはあまり良い気がしませんが、向こうも返済を望んでいるため、電話をしているというのもありますし、利用者の状況把握の意味も含まれています。
きちんと返済が出来ていないため話しづらいのは仕方ないですが、放置ばかりしていては一歩も前進しないですし、ただ遅延によるお金が積み重なるのみです。
ですから返済期日に間に合わないと気付いた時点で、すぐに連絡をすることです。多少返済日より遅れても返済可能であるなら、その際に発生するお金を確認しつつ、しっかり返済可能な日を教えることです。
万が一、返済不能な時は、隠さず話すようにすることが大事です。
その状況次第では返済日を変えられる可能性がなくもないでしょう。

キャッシングというのはそれを行なった利用者本人と各々のキャッシング会社との間で契約を行なうものですから、仮に利用者である本人が借金を放置したとしても、パートナーの方や家族の誰かが肩代わりしないといけないといった規則は存在しません。
よくドラマの中で、家族の誰かが借金をしたことにより、その返済に頭を抱えているような場面等を見ることがあるのですが、実際には利用者本人とは家族といった関係であっても、支払う義務はありません。
したがって、万が一家族の誰かが借金を放置して、それの支払いをしつこく要求された際には、逆に相手を裁判にかけることも出来ます。
しかし、これはパートナーの方や家族の誰かを保証人としていない場合に限ってのことで、もし保証人となっている状況ですと、その方が支払わなければなりません。
ただ、ごく最近におけるキャッシングでは、保証人に関しては殆どの場合不要とされていますので、あまり気にかける必要はなさそうです。
かといって、“放置してもそれほど問題ない”などと思わないで下さい。もし放置してしまうと、パートナーや家族の人には責任がないとはいえ、必ず迷惑にはなります。
借金があることが知られるぐらいならまだ良い方で、酷い場合は財産を持っていかれたりといった法的手段に出られることも考えられます。それによって引き起こされることは御想像の通りです。
借金を放置することについて考えなければいけないのであれば、始めからキャッシングに手を出すべきではありません。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ