総量規制と主婦の関係


総量規制により主婦がキャッシング出来ないと思われがちですが、総量規制が適用されているような現在であっても主婦はキャッシングを行なうことが出来ることとされています。
主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

そして総量規制が適用される消費者金融においては、利用者自身が収入を得られていることを証明できることが絶対条件となっています。

ですが、消費者金融において常に総量規制が適用されるわけではなく、総量規制が適用されるのは利用金額が1つの会社であれば50万円、2社以上であれば合算して100万円を超える時とされています。
ですから、この2つの金額未満の利用で収まるのであれば総量規制が適用されることはありません。
つまり、これは少ない金額であれば収入がない主婦であっても消費者金融においてキャッシングを行なうことが出来ることを意味しています。
もし多くの金額のキャッシングを希望しているなら、総量規制の適用がない銀行系のカードローンも利用することが出来ます。
このカードローンは主婦の方自身に収入がなくても、パートナーが毎月きちんと収入を得られていることで審査にも合格することが可能な為、これまでと変わらずキャッシングを行なうことが出来ます。
さらに銀行系のカードローンは消費者金融のカードローンと比較し、金利面等で好条件となっているケースがよくあり、銀行系のカードローンに絞った話をすると、総量規制が適用されている今の方が、主婦の方からすれば逆に利用しやすくなったとさえ言うことが出来ます。

当然ながらアルバイト、パートといった非正規社員の方であってもキャッシングをすることは出来ます。
キャッシングを行なう際の条件としては毎月きちんと収入が得られていることが最重要視されているので、これをクリア出来ていればキャッシングの利用に際して弊害となるものは一切ないと言えます。
総量規制が適用されると言われる消費者金融であっても、少ない金額であればまだこれが適用されることはないので、収入の大小を気にすることなしにキャッシングを行なうことが可能ですし、さらにアルバイト、パートの身分でありながらも収入が多い方なら、総量規制が適用される高額のキャッシングを行なうことも可能となっています。
そして銀行系のカードローンでは総量規制が適用されないこともあり、1年間の収入が原因となって審査で不合格になるようなことはないと考えてもいいです。
しかし、1年間の収入が条件として付加されているカードローンに関してはまた別の話ですので御注意下さい。
何にせよ総量規制をはじめとした法律が改正されたことで、銀行、消費者金融では顧客を得ることに必死に頑張っています。
ですから、アルバイト、パートといった比較的収入が多くないような方であっても、どんどん利用していけるような条件を設定しています。
総量規制が適用される前のように収入が少ないことが原因で多重債務に苦しむような危険性はなくなり、利用者自身の給料に合わせたキャッシングをすることが出来るといったことが、今のキャッシングの姿と言えます。

主婦の方が急にお金が必要とするような事態になると、どのようにお金を用意したらよいか迷ってしまうことでしょう。
キャッシングを行なうにしても、総量規制により、収入がないと消費者金融を利用することが不可能です。
消費者金融または銀行でキャッシングを利用される方の事情も様々で、パートナーの同意を得ることが可能である方や、同意が得られない方、またはパートナーには知られたくない方等がいらっしゃいます。
ここでこのような方達の為に事情別に分けてお話していきたいと思います。
まず主婦であってパートナーは毎月きちんとした収入が得られている方であれば、プロミス、アコム、東京三菱UFJ銀行等でキャッシングを行なうことが出来ます。
ここで”総量規制は関係ないのか?”とお思いの方もおられるかもしれませんが、消費者金融においては特例として”配偶者貸付”と呼ばれるものが存在し、これによって、例え主婦であっても、パートナーの同意が得られていて、そしてパートナーが収入を得られていることを証明でき、それに加えて住民票を用意することによってキャッシングが可能となります。
次にパートナーの同意してもらえなかった、またはキャッシングをしていることを知られたくない方であれば、銀行においてキャッシングされることを推奨します。
銀行のような金融機関においては総量規制が適用されることなく、パートナーの同意なしでも利用することが出来ます。
しかし、パートナーにも毎月安定した収入がない場合は御利用不可となっております。
主婦の方が銀行でのキャッシングをしようと際は、推測ですが30万円から50万円ぐらいが上限金額になるかと考えられます。
それを超えるようなキャッシングを希望するなら、パートナーが収入を得られていることを証明するための書類を提示しなければなりません。

キャッシングを利用したいのであれば、それには収入が重要となってきます。
アルバイトもしくはパート等で収入を得られていない主婦の人が、パートナーに気付かれずに消費者金融においてキャッシングを利用しようとしても、利用不可となる可能性が高いです。
総量規制が施行されたことで“収入をきちんと得られていない方はキャッシングは不可”と制度が変わりました。
主婦の方はこれに該当します。
ですが、パートナーの同意を得ることによって、自身の収入がゼロであってもキャッシングをすることが出来るようになります。
ただそれはパートナーが毎月きちんと収入を得られていることといった条件付きです。
パートナーの同意を得ることが出来れば問題ないのですが、万が一、得ることが出来なかった、または気付かれずにキャッシングをしたい方はどのような手段があるのか?といった問いの答えとしては様々な手段が存在します。
1つ目としては銀行においてキャッシングサービスを受ける方法があります。銀行ならば総量規制が適用されませんので、消費者金融とは違い収入がゼロの主婦であってもお申込可能となっています。こういったケースですと、パートナーの同意等は不要となっていますが、パートナーは毎月きちんと収入が得られている必要があります。
2つ目としては、主婦の方自身がパート、アルバイトとしてきちんと働き収入を得ることによって、銀行もしくは消費者金融においてキャッシングを御利用になる方法があります。
この場合は自身が毎月きちんと収入を得ていますので、消費者金融においてもキャッシングをすることが出来ます。
総量規制が施行されたことで、“1年間の収入の3分の1以内に限りキャッシング可能”ということが貸金業法により定められています。
パートナーの扶養となっている主婦の方がパートやアルバイトで月5万円の収入を得ている場合、1年間では60万円となり、この場合に総量規制を適用すると、キャッシング出来る上限金額は20万円と計算出来ます。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ