生活資金が足りず


生活資金が足りず暮らしに困って、親戚や友人からお金を借りたり、カードローンやキャッシングをする人がいます。
しかし日々の暮らしが立ち行かない程、お金に困っているのなら、生活保護を受ける方が現実的です。

生活保護の受給には、多くの制限があり不便なことも多いですが、月々の生活費のために借金を繰り返すことは、
人間関係を壊す原因にもなり、良い方法とは言えません。

ただし生活保護は、就職しやすい若い人達は受けにくいなど、いくつかの条件があり、
誰もが簡単に清潔保護を受給できるわけではありません。

生活保護を断られるぽ億の理由は、

1.選り好みをしなければ働ける人。
2.資産を持っている人。
3.身内からの援助が受けられる人。

参考に上記の3つを、もう少し詳しく説明します。

-その気になれば働ける人-

生活保護の目的は、働きたくても働けない人達を助けることです。
働きたくない、自分の好きな仕事以外やりたくない。等のように、選り好みしなければ、働き口が見つかる人や、
単に働く意欲のない人を、助ける制度ではありませんから、そのような人が申請をしても、受理されない確率が高くなります。
しかし、その気になれば働けるような人でも、生活保護を受給している実態があり、申請を受理の可否は、
各自治体の担当者の判断次第という実態もあります。その為か、最近では不正受給者が増加し、問題とされています。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ