太陽光発電設置・銀行のソーラーローンで借り入れる


東日本大震災発生以降、原発事故による放射問題などにより、再生可能エネルギーに関心を寄せる人が増えています。
なかでも、太陽光発電に注目する人が多く、その需要も高まっています。
太陽光発電は、エコロジーかつ個人で電気を生産可能なため、お得感があるという事で人気なようです。

太陽光発電で生産した電気は、個人宅で使用できるうえ、余剰分を電力会社などに売ることが出来る為、
省エネ、節約、副収入となかなか魅力的で、人気が出るのも納得です。

また新事業として、太陽光発電に取り組む企業も増えており、購入した広い土地に、ソーラーパネルを設置して、
自社の電力供給や、電気を売るなどをしています。

ただし、一般家庭では、誰でも簡単に太陽光発電に取り組めるものでもありません。
パネル自体も大きく、日照時間の問題などから、一戸建ての住宅に住んでいないと、設置が難しい状態です。

-太陽光発電の設置費用-

一般家庭に設置する「太陽光発電システム」費用例

太陽電池モジュール×20枚・・・140万円
パワーコンディショナー・・・23万円
発電モニター・・・5万円
リモコン・ケーブル他・・・2万円
設置架台・・・12万円
架台工事費・・・8万円
太陽電池モジュール設置工事費・・・16万円
電気配線工事費・・・12万円
値引き・・・-68万円
合計・・・150万円

平成25年、新築への設置の平均価格は、38万5000円です。
1KWあたり38万5000円として、容量4KWの太陽光発電システムを設置すると、約150万円かかる計算となります。
取扱業者により違いはありますが、このくらいの出費を考えておのが妥当でしょう。

補助金も利用できますが、現在27年度以降の、国の補助金は未定となっており、自治体が行っている補助金制度は、
各自治体により金額が異なります。

電気代については、月々1万円の電気代を支払っていたと仮定して、毎月の電気代がゼロ円になり、
余剰電力を売った収入が5000円あったとします。すると毎月1.5万円が家計にプラスすることになります。

電気の買い取り価格は若干の変動があるものの、10~15年で初期費用を回収できる計算になります。
しかし、実際に10年以上の間システムを稼働していると、故障の修理や、定期点検などのメンテナンスが必要になります。

-ソーラーローン-

補助金が出るとはいえ、太陽光発電システムの設置には、まとまった金額が必要です。しかし、初期費用が用意出来ない場合には、
銀行などが提供している、ソーラーローンを利用することができます。

ソーラーローン例

埼玉りそな銀行の埼玉りそなソーラーローン・・・金利2.350%、返済期間15年。
イオン銀行のソーラーローン・・・金利2.70%、返済期間15年。
楽天ソーラーの楽天ソーラーローン・・・金利2.70%、返済期間15年。
三菱東京UFJ銀行のリフォームローン・・・金利2.975%、返済期間10年。
横浜銀行のはまぎんソーラーローン・・・金利2.350%、返済期間10年。

以上のように、金利は特別安くはありませんが、使用目的がはっきりしているため、融資の審査は通りやすいようです。
また、銀行によってはソーラーローンを用意していない場合もありますが、フリーローンで借り入れても、金利はさほど変わりませんので、
最寄りの銀行でソーラーローンがない場合には、フリーローンを利用するという手もあります。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ