生活保護の受け方・申請方法と流れ


毎日コツコツ働いて暮らしていくことが、人としての基本ですが、
様々な事情で、働くのが困難な場合など、生活保護を受けることを検討しましょう。
二進も三進もいかない、どうしようもないという時は、国に助けを求めるのも一つの手です。

生活保護は、自治体の方針や、担当者の当たり外れによって、受けやすさが異なります。
また、最近では、不正受給者が増加したことで、審査を厳しくする向きもあります。
しかし、生活保護の申請をしたにも関わらず、審査で断られてしまった人、
自分が保護対象にならないと思い込んで、生活保護の申請をしなかった人、
生活保護の先生の仕方が判らなかった人などが、困窮の末に自宅で餓死しているのが見つかった、
というニュースが流れることも増えているように感じます。

怠け心から、不正に保護を受けることは許されないことですが、
本当に助けが必要な人たちが、保護を受けられずに、犠牲になってしまうことはあってはならないことで、
これだけ豊かな日本で、餓死する人がいるというのは、異常なことなのです。

では、生活保護の対象となるのはどんな人なのでしょうか。

生活保護は、国が定めた最低生活費よりも、収入が低い人が利用できる制度で、
本人が自治体へ申請しないと、受けることができません。
また、基準を超える収入のある人は、そもそも申請ができません。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ