モビットの金利。金利を下げる方法とは?


キャッシングを行なったものを返済する際にキャッシングした金額にプラスして支払わなければならないものとされているのが、金利となっています。
もし、キャッシングした金額が同額であった時には、金利が低いところの方が、支払いの際の金利分が減ることになりますから、合計の返済金額も少なくなると言えます。
本記事では、モビットでキャッシングを行なうと金利はどの程度かけられるのか?そして、今現在モビットを利用している方は、その金利の引き下げは可能なのか?といったことについてお話していきたいと思います。
まず、現在のモビットの金利について見ると、1年で4.8%から18.0%とされています。
ここで、計算による金利の求め方について、御紹介したいと思います。
一般的に金利分の求め方は、キャッシングしたお金に金利を掛け、それを1年の日数で365(日)で割り、さらに返済日までに利用した日数を掛けることで求めることが出来ます。
例を挙げるなら、仮に10万円をキャッシングしてそれを金利18.0%で30日間利用した時のことを考えます。
これを先ほどの計算式に当てはめると、10万円×0.18÷365×30となり、計算すると1,479と求まりますので、この場合の金利分は1,479円となります。
さらに、モビットにて決定した金利については、そこから引き下げることが出来ます。
いきなり大きく引き下げるのはさすがに無理がありますが、場合によっては結構満足するぐらいの引き下げは可能となっています。

それは、キャッシング可能な上限金額を増やすことで実現出来るとされています。
これは、モビットだけではなく、他のキャッシングが行なえるような場所でも、大方それで決定されるものとなっています。
キャッシングした金額ではありませんので、御注意下さい。
ですから、複数の会社にて同じ金額をキャッシングした際には、各々の会社において、キャッシング可能な上限金額が大きいところの方が金利は低いことになります。
即ち、キャッシング可能な上限金額を増やすことによって、同額をキャッシングした場合でも実際に支払う金利分の支払いを少なくすることが出来ます。
次にモビットにてキャッシング可能な上限金額を増やす方法について見ていきたいと思います。
それには2つの方法が存在しますので、それぞれ、具体的に見ていくとまず、1つ目としては、モビットに直接依頼する方法です。
モビットではこのような依頼は電話で行なうことになっており、電話番号は“0120-24-7217”となっております。
ちなみに受付時間に関しては、午前9時から午後9時となっております。
また、この際に注意して頂きたいのは、お申し込みをされるタイミングと、キャッシングの履歴となります。
過去に返済を遅らせた経験がある方や、新たに契約を交わしてから、それほど時間が経過していない等となると、上限金額を増やすことは無理だと言われています。
上限金額を増やすには、少なくとも1年ぐらいはきちんと返済を行なうようにしてから、依頼するようにして下さい。

そして、上限金額を増やすことの依頼によって、そこで再び審査となりますが、その審査結果によっては、逆に上限金額が減らされることもあるので、安易に増やしたいことを依頼するのではなく、今の自分にとって絶対しなければならないことであるか、また会社側で自分のことを良く思っているか、といったことを十分考察した上で依頼されることを推奨致します。
つづいて、2つ目は、会社側からの提案によってキャッシング可能な上限金額を増やすといった方法になります。
これは、キャッシングを長期に渡って行ない、それを順調に返済していくことによって、会社側から、上限金額を増やすことについての提案をされることがあるということです。
とりわけ“○○円へ増やせますよ”等といった具体的な数字を出してきた際は、会社側であなたのことを非常に良く思っていることの証明であります。
このようなケースでは審査も単純に行なわれることとなり、大方、上限金額を増やすことに成功するとされています。
最後にこれまでのことをまとめていくと、モビットでは新たにキャッシングを行なうとする際に設定された金利を引き下げることが可能とされています。
この金利を下げる為には、現在のキャッシング可能な上限金額を増やすことが条件となってきます。
また、このキャッシング可能な上限金額が高くなるほど、金利が下がるというのはどこの消費者金融においても同じことが言えます。
キャッシング可能な上限金額を増やすためには、会社側、つまり消費者金融側であなたを良き御客様と思われる必要があり、そのためには、長きに渡りキャッシングを行ない、きちんとそれを遅れずに返済していくことが重要となってきます。
そして、消費者金融側から良く思われることによって、向こうから増やすことについて提案されることもありますので、その時は喜んで引き受けるようにすると良いでしょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ