イオン銀行「カードローンBIG」のメリット・デメリット。こんな人におすすめ!


あなたがある商品を購入しようとする時には、色々調べてからその商品のメリットのみならず、デメリットにもついても調べた上で購入されるかと思われますし、カードローンを選択される時もそうするのが理想と言えます。
今回はイオン銀行で取り扱われている“カードローンBIG”について取り上げていきますが、このカードローンにもメリットやデメリットがありますので、自分はこのカードローンを利用した方が良いのかどうか今回の記事を参考に見極めて下さい。
まず、イオン銀行のこのカードローンを利用することでのメリットから見ていくことにしましょう。
カードローンBIGですが、これは早く審査結果を聞くことが出来ることが特長の1つとして挙げられ、午後2時までに審査を申し込むことによって、最も早い方ですと申し込んだ当日に審査の合否を知ることが可能となっていますし、キャッシュ機能が付加されているこの商品のカードを持っていることで、イオン銀行を開設していることが条件とはなってきますが、このカード利用をすることにより当日中にお金を受け取ることも可能となります。
そうすることで、最大限この商品のメリットを活かすことになるでしょう。
さらに、金利が低いこともこのカードローンのメリットで、1年間で3.8%から13.8%とされています。
カードローンを利用したことがない方なら、これがどれくらい低いか分かりにくいかと思われますので例を挙げてみると、銀行系の会社のカードローンはおよそ3.0%から16.0%と言われていることから、下限金利は高くなっていますが、上限金利は親切な金利設定となっています。
つまり、あまり高い金額での借り入れでない場合も、上記のような低金利で借りることが出来ることになり、多くのお金を借りることがない方にとっては、利用しやすくなっていますので、主婦の方等は、非常に有難いのではないかと思われます。
それに加えてこのカードローンは、イオン銀行のATMを利用することによって、時間帯に関係なく借り入れをする際も返済をする際もいずれも手数料を取られることはありません。
また、より便利に利用するためには1日を通じて利用出来るATMを選択される良いでしょう。
こんなメリットが一杯存在するイオン銀行の“カードローンBIG”ですが、デメリットも同時に存在していまして、イオン銀行の口座を開設していなければならないと言うことです。
これは先ほどのメリットの中で少し取り上げましたが、イオン銀行の口座を開設されていない方の場合、イオン銀行を開設するための期間と借り入れのカードを受け取るまでの間に約7日間の時間を頂くこととされています。
ですから、このカードローンを利用することを検討されている方で、イオン銀行の口座をお持ちでない方は、このように時間を要してしまうことも頭に入れておき、もしそれを避けたいなら、早めにイオン銀行を開設されるのが賢明かと思われます。
ここまでのお話から、イオン銀行の”カードローンBIG”はイオン銀行の口座を開設されている方が適していると言え、もし、イオン銀行が自宅の近くに存在しているという方は十分このカードローンの利用を考えてみても良いかと思われます。
最後にこれまでのまとめとして、今回はイオン銀行で取り扱われている“カードローンBIG”について、取り上げてきました。
このカードローンの特長としましては、午後2時までにお申し込みをすることによって、その日のうちに審査結果を聞くことができ、イオン銀行を利用してお金を受け取れるといったことや、他の銀行系の会社と比べて上限金利が低めに設定されているために、少ない借り入れとなる方にとっては、非常に有難いものとなっています。
また、イオン銀行は借り入れ、返済、いずれを利用するときであっても時間に関係なく手数料がかかりません。
反対にこの商品のデメリットとしては、イオン銀行を開設されていないと利用出来ないといったことから、最初からイオン銀行の口座を持っている方でないと、利用したくても開設等にどうしても時間を要してしまうといったことからすぐに借り入れをしたくても、それが出来ないことが挙げられます。
よって、この商品を利用するのに適した方とは、イオン銀行の口座を開設されている方や自宅の近くにイオン銀行が存在している方と言えます。
ちなみにこのイオン銀行の借り入れの最大金額は800万円となっていまして、これは銀行系の会社の中でも高い部類に含まれます。
したがって、イオン銀行の“カードローンBIG”は、少ない金額を借り入れする方、多くのお金を借り入れする方、両者が嬉しいカードローンともなっています。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ