カードローンの利用


カードローンの利用が長くなってくると余裕が出てくることから、現在の借り入れ可能な上限金額より多くのお金が欲しくなったり、初めに設定された上限金額が想像していたよりも少なかったという状況下では、追加でお金を手に入れる為に他の会社から新たに借り入れをしたり、借り入れ可能な上限金額を増やしたりといったことを行なうことになります。
そこで今回は、イオン銀行で取り扱われている“カードローンBIG”を例に借り入れ可能な上限金額を増やす方法について見ていくことにしましょう。
まず、カードローンBIGにおいて借り入れ可能な上限金額を増やすためには、ネットや郵便でお申し込みすることになります。
お申し込み後は、初めてカードローンBIGを利用した時と同じく審査が実施され、その審査に合格することによって、初めて上限金額を増やすことが出来る仕組みとなっております。
ですが、たとえこの審査に合格したとしても、必ずしも自分が思った通りの金額とはならないことも決して珍しいことではありませんので、頭の片隅に置いておきましょう。
また、このような上限金額を増やすための審査は他の会社でも行なわれているものですが、通常はこの審査は時間がかかるものと言われています。
しかし、カードローンBIGは、早い場合ですと、当日中に結果を聞くことが出来るといった利点があり、このカードローンの売りとも言えます。
反対にデメリットとしては、上限金額が100万円からは、100万円ごとに上限金額が区切られている為に、“20万円だけ増やす”といった細かい設定が出来ないところにあります。
一見、100万円も増やせると思うと良いように思えますが、逆に考えるとこの際の審査は非常に厳しく行なわれると見ることも出来るでしょう。
したがって、他の消費者金融からの借り入れを全て返すことが出来たというような信用がずば抜けて高い方でなければ、このケースはあまり実現されないものと考えた方がよいのかもしれません。
当然、返済が遅れた経験がある方などはもってのほかで、そういった方が審査を受けてしまうと反対に現在の上限金額より低くされてしまう危険すらありますので、審査を受ける際も慎重にならなければいけません。
これまでは、利用者自らお申し込みをする場合について見てきましたが、これ以外にも銀行の方から上限金額を増やすことの提案をされるといったことも考えられます。
このような提案をされる為には、イオン銀行にて定められた期間中、多くの借り入れを行ない、返済も遅れることなく行なっていくことが必要となっています。
この際の提案のされ方としては、銀行から“上限金額を増やしてみてはいかがでしょうか?”といったことや“上限金額を200万円に増やすことが可能ですがいかがでしょうか?”等色々な文句が考えられます。
また、後者のように数字を示してきた時はチャンスで、審査は通常よりも甘めになりますので、意外と容易に提示された金額まで増やすことが可能かもしれません。
とはいえ、いきなり満足するような金額は示してこないというのも現実であり、借り入れと返済を長く繰り返していくことによって、徐々に金額が積み重なっていくのが通常のパターンとなっています。
最後にまとめとして、今回はイオン銀行で取り扱われている“カードローンBIG”において借り入れ可能な上限金額を増やす方法について見てきました。
上限金額を増やすためには、ネットや郵便でお申し込みをする必要があります。
お申し込み後は、審査が行なわれ、カードローンBIGの場合は審査にそれほど時間を要することなく結果を聞くことが出来るといった特長があり、早い場合ではお申し込みをしたその日に聞くことも出来ます。
ただ、審査の注意点として、合格出来ても自分の思い描いた金額とはならなかったり、100万円という上限金額からさらに増やすとなると増やせる金額も100万円区切りとなるため、非常に厳しく行なわれるということを覚えておいて下さい。
またカードローンBIGでは自分から申し込む以外にも銀行の方から上限金額を増やすことについて提案されることがあり、さらに、この提案の際にきちんとした数字で示した時は、審査にも通りやすいと言われています。
このような提案を受ける為には、一定期間きちんと借り入れと返済を繰り返すことが重要となります。
今回は触れませんでしたが、上限金額が増えるということは金利が下がることにも繋がり、月々の返済を楽にすることも出来ます。
ですから、上限金額を増やす提案をされた時はもちろん、されない時であっても自分自身に良い実績がありそうなら、進んで審査を受けてみても良いかと思われます。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ