消費者金融と銀行系の3つの違いと総量規制の秘密。


本記事では、消費者金融を利用する場合と銀行系の会社で取り扱われているカードローンを利用する場合の違いはどういったことか?についてのお話をしていきたいと思います。
キャッシングという言葉をインターネットで検索すると、“銀行系のカードローン”といったようなものが出てきて、調べてみるとそこには、専業主婦でもOKといったことや総量規制が適用されないといったこと、もしくは総量規制が適用されない代わりに審査が通りにくいといったこと等が書かれているかと思われます。
このように消費者金融、銀行系の会社で取り扱われているカードローン共に良い点、悪い点が存在しています。
次は、これらのことも含めて、詳しく説明していきたいと思います。
消費者金融を利用する時と、銀行系のカードローンを利用する時で大きく異なる点としては以下の3つを挙げることが出来ます。
まず1つ目は総量規制の適用、2つ目は専業主婦が利用出来るか否か、3つ目はキャッシングの上限金額、審査の時に見られること、そして金利についてとなります。
では、順番に見ていきたいと思います。
1つ目の総量規制についてですが、これが銀行系の会社と消費者金融との最も異なる点ということが出来ます。
ちなみに総量規制は、利用者は1年間の収入の3分の1以下までしかキャッシングを行なうことが出来ないとする法律であり、貸金業法というもので決まっています。
この総量規制が適用されるのは消費者金融となっており、銀行系のカードローンを利用する場合には適用されません。他に総量規制が適用されないものとしては自動車ローン、クレジットカードがあります。
ここで、総量規制が消費者金融にだけ適用されるといったことに疑問を持たれる方がいらっしゃるでしょう。
これについて説明すると、総量規制は貸金業法によるものだというお話を先ほどしました。
貸金業法は貸金業者を取り締まる法律であり、消費者金融はこれに当てはまるため、当然守る義務があります。
それに対して、銀行はこれに当てはまりません。そのため、銀行は総量規制が適用されず、その代わり銀行には銀行法と呼ばれる法律が存在しています。
このことから、守らなければならない法律そのものが違うということが、分かったかと思われます。
ですから、銀行には総量規制がないのです。
しかし、例外もありますから、このことについてもお話すると、表面上は銀行系のカードローンであっても、運営元が銀行ではなく、その子会社となっているところや銀行のグループに入っているような会社といった場合は、総量規制が適用されることになります。
つまり、このようなケースでは銀行が直に関わっていないので、消費者金融と扱われることになりますから、予め御確認下さい。
2つ目の専業主婦のキャッシングについてですが、消費者金融においては専業主婦の方はキャッシングを行なうことが不可能とされています。逆に銀行系の会社で取り扱われているカードローンではキャッシングを行なうことは可能です。
不思議に思われるかもしれませんが、これは先ほどの総量規制が関わっています。
総量規制は1年間の収入の3分の1以下にキャッシング金額を強制的に抑えられるものですが、これとは別に利用者自身が収入を得られていないと場合もキャッシングは不可能とされています。
専業主婦ということで、当然収入を得られていない為、消費者金融からはキャッシングを行なうことが出来ないのです。
それに対して、銀行系の会社で取り扱われているカードローンでは総量規制が適用されない為、消費者金融とは違いキャッシングを行なうことが出来るのです。
では専業主婦の方は100%消費者金融においてキャッシングが不可能なのかというと実はそうではなく、パートナー、つまりあなたの夫がキャッシングすることに同意していることを証明出来ればキャッシングを行なうことが可能とされています。
つづいて3つ目のキャッシングの上限金額等についてお話していきたいと思います。
通常、消費者金融と比べて銀行系の会社で取り扱われているカードローンはキャッシングの上限金額や金利面では有利だと言われています。
銀行系のカードローンというと運営元が銀行ということで、資金も沢山保有していることが多いため、キャッシングの上限金額、金利についても消費者金融と比較すると、利用者にとっては嬉しいものとなっています。
ですが、消費者金融の最近の金利を見てみると、銀行系のカードローンとは大差はないとも言えます。現在の金利は、銀行系のカードローンで3%から15%であり、一方消費者金融では4%から18%となっていますから、1番高いところの金利で3%の差です。
消費者金融は高金利といったことは、かつてのグレーゾーン金利の風潮が未だに残されているためとも言えるでしょう。
次に審査に関してですが、銀行系のカードローンを利用する時の審査の方が消費者金融の審査と比較して厳しいとされています。
これは、利用することの利点が多いといったことも理由の1つですが、その他にも銀行は立場上信用されなくてはならないといったことも挙げられます。
それは、銀行は御客様が行なっている預金によって、お金を貸し出したり、投資を行なうことによって、儲けているとされています。
ですから、銀行としてもどんな人にもお金を貸し出すというわけにはいかないのです。
もし銀行がどんな人にも貸し出しを行なってしまうとなると、銀行に預ける人はいなくなるでしょう。
最後にこれまでのことをまとめていくと、総量規制が適用されるのは消費者金融、適用されないのが銀行系の会社で取り扱われているカードローンということになります。
審査については、消費者金融ではそれほど厳しくは行なわれないものの、収入を得られていない方にとってはキャッシングは厳しいものとされています。
それに対して銀行系のカードローンでは、審査は厳しく行なわれますが、専業主婦の方であってもキャッシングをすることが出来ます。
また、その他にも消費者金融、銀行系のカードローンを比較すると、取り締まっている法律が異なること、そして、銀行の審査が厳しく行なわれている理由といったことも取り上げました。
本記事を参考に消費者金融や銀行系のカードローンの特徴をよく理解した上で、皆さんが、賢くキャッシングを行なっていくことが出来れば幸いです。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ