キャッシング・カードローンが利用できない条件


消費者金融のキャッシングは、比較的審査に通りやすく、手軽に借り入れが出来るのが利点ですが
無条件で誰もが利用できるわけではありません。

消費者金融のキャッシングが利用できる人の最低条件は
年齢20歳以上69歳以下・安定した継続収入があることです。
その他、申込者の年収・勤続年数・雇用形態などの属性情報と信用情報を基に
スコアリングシステムを利用した審査が行われます。

消費者金融のキャッシング・銀行のカードローンどちらの審査も
受けてみなければ融資の可否は判断できませんが、
キャッシングが利用できない確率が高い人の条件は以下のようになります。

キャッシングが利用できない条件とは

1.無職の人・専業主婦・年金収入のみの人
2.生活保護受給者
3.多重債務者
4.ブラックリストに載っている人

キャッシング審査の絶対条件は、継続的に安定した収入のある人ですので、
無職であったり生活保護を受けている人は融資を受けることはできません。

利用可能な年齢も69歳までとなりますから、年金収入のみの高齢者も利用は難しくなります。

専業主婦の方の場合、配偶者貸付など夫の収入を基にお金を借りることもできますが、
大手消費者金融(アコム・プロミス・アイフル・モビット)は専業主婦からの申込みを受け付けていません。
ただし、審査は厳しくはなりますが、銀行カードローンの中には、専業主婦でも申し込み可能な処もあります。

複数の消費者金融からの借り入れがある「多重債務者」の場合、審査に落ちる可能性が高くなり、
4社以上からお金を借りている場合は、新規で融資を受けることは、かなり厳しくなります。

また、複数社からの借入れ額の合計が年収の3分の1を超えている場合は、総量規制に引っ掛かりますから
新たな融資を受けることはできません。

複数の借入れがある人

既に他社からの借り入れがあり、新たに借入れを希望している場合は
「おまとめローン」の利用をお勧めします。

借入件数が多いと多重債務者と見做されるため、新たな借り入れの際、審査の通過は難しくなりますが
計画的な借金の一本化であれば、審査に通る可能性があります。
銀行のおまとめローンを利用すれば、借入限度額内という条件付きではありますが
「現在の借入額+新規借り入れ」も可能です。

おまとめローンが利用できるのは、みずほ銀行カードローン・住信SBIネット銀行・オリックス銀行などになります。

ブラックリスト

ブラックリストに載るという事は、CIやJICC等の個人信用情報機関に事故情報(異動情報)がある人の事です。

個人信用情報機関とはクレジット・ローン・キャッシング等を利用した人の、氏名・年収・勤務先や返済状況等を
記録している機関の事です。

融資を申し込むと金融機関は、個人信用情報機関に記録された内容を基に審査を行いますが、
その際問題となるのが「事故情報」です。

事故情報とは、長期延滞・債務整理(自己破産・個人再生)・代位弁済(保証期間の返済)の事を言いますが、
債務整理や代位弁済の記録がある人は、審査に落ちる確率が高くなります。

信用情報の記録期間は、情報機関や事故の種類によって異なります。
特に債務整理の情報の保存期間は、5~10年と長期に渡ります。
事故情報が残っている間の新規借り入れは、出来ないと考えた方が良いでしょう。

属性情報が審査に与える影響

1.年収200万以上
2.勤続1年以上が望ましい
3.アルバイトやパート、派遣社員でもOK

キャッシングやカードローンの審査では、年収・勤続年数・雇用形態などの属性情報は必要ですが
上記のように、事故情報が無ければ、それほど気にする必要はありません。

年収200万円以下、勤続年数1年以下の人でも審査に通る可能性はあります。
金融業者は、申込みをした人を総合的に判断して、融資の可否を決定する為、条件の一つが満たされていないからと言って
それだけで審査に落とされるわけではありません。

たしかに「勤続10年、年収1000万以上の公務員」という羨ましい肩書の人の方が、融資を受ける時に有利ではありますが
年収200万円以下、勤続半年のアルバイトであっても、借入限度額を低く設定することで、審査に通る可能性はありますので
諦めずに申し込んでみると良いでしょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ