キャッシングカードローン審査/ブラックはNG


ブラックリストやブラックという言葉は、融資の審査関係の話ではよく聞く言葉ですが
俗にブラックリストと呼ばれているもの実態は、個人信用情報機関の事故情報(異動情報)の事を指します。

たまに「ブラックに載っちゃたから、お金借りられないんだよね」という人がいますが
これは過去に利用したクレジットカードや・各種ローン・キャッシングや分割払いなどで
長期延滞や債務整理などの記録が、個人信用情報機関に残っている人という事です。

事故情報の内訳と記録期間

*延滞情報 個人信用情報機関・・・JICC 1年・CIC 5年・銀行個人信用情報センター 5年

*債務整理 個人信用情報機関・・・JICC 5年・CIC 5年・銀行個人信用情報センター 5年
*債権回収 個人信用情報機関・・・JICC 5年・CIC 5年・銀行個人信用情報センター 5年
*代位弁済 個人信用情報機関・・・JICC 5年・CIC 5年・銀行個人信用情報センター 5年
*保証履行 個人信用情報機関・・・JICC 5年・CIC 5年・銀行個人信用情報センター 5年
*強制解約 個人信用情報機関・・・JICC 5年・CIC 5年・銀行個人信用情報センター 5年

*自己破産 個人信用情報機関・・・JICC 5年・CIC 5年・銀行個人信用情報センター 10年
*民事再生 個人信用情報機関・・・JICC 5年・CIC 5年・銀行個人信用情報センター 10年

*債権譲渡 個人信用情報機関・・・JICC 1年

消費者金融ごとに利用している個人信用情報機関は異なり、JICCやCICの場合、記録が残るのは概ね5年間になります。

銀行が利用している、銀行個人信用情報センターの場合は、自己破産や民事再生の記録が残るのが10年間と
長期間に渡り、消費者金融と比べるとやはり厳しくなっています。

延滞情報ではJICCは1年、CICは5年と記録が残される期間に差がありますが、延滞情報の記録だけであれば
審査を通過できる可能性はあります。

消費者金融に限らず、どこの金融機関の融資であっても
債務整理・代位弁済・強制解約・自己破産・個人再生などの記録が残っている期間の借入れは難しくなります。

ブラックでもお金を借りられるか

ネットで検索を掛けると、「ブラックOK」と喧伝しているサイトを見かけますが
健全な金融機関がブラックの人にお金を貸してくれることはありません。

もしその金融業者が「ブラックでも構いませんよ」と本当にお金を貸してくれるとしたら
その業者は、違法な「闇金」であると考えた方が良いでしょう。

多重債務者相手に積極的にお金を貸している金融業者もあるようですが
多重債務者や、ブラックリストに載っている人というのは、
貸す側からしたら基本的に信用できない人という事になる訳です。
にも関わらず、平気で融資に応じてくれるところは
間違いなく怪しいと考えるべきです。

大手消費者金融であれば、総量規制や上限金利、法律に法った取立てと、利用する側が守られるような仕組みがありますが
闇金相手では、トイチなどの法外な金利を掛けられたり、脅迫まがいの違法な取り立てに合う可能性も高く
想像するだけで、背筋が寒くなります。

年収・勤務先、勤続年数・雇用形態などの属性情報に問題がない人が、大手消費者金融数社の審査で落とされた場合
事故情報(ブラックリスト)の記録が残っている可能性が高くなります。

キャッシングやカードローン以外でも、携帯電話機種代の分割払いや、TVショッピングの分割払いなども
クレジットと同様に個人信用情報機関に利用記録が残ります。
悪気はないけれど、ついうっかり支払いを忘れてしまったとしても、事故情報に載ってしまいますので
支払うべきものはしっかり返済する姿勢が大切です。

ブラック以外で審査に落とされる人

過去に長期延滞や債務整理などの事故情報がない人で、キャッシングやカードローンの審査で落とされてしまう人は
その他の情報に問題があると考えられます。

1.年収が低い
2.アルバイトやパートなどの非正規雇用者
3.勤続年数が1年未満
4.居住年数が短い(引越しが多い)
5.他社からの借入件数が多い・借入金額が多い
6.短期間に何社も融資の申し込みをした

ブラック以外で審査に落とされる理由の多くは、以上の6つとなります

年収は200万円以上が望ましく、勤続年数と居住年数は長いほど有利となります。

雇用形態は正社員や契約社員であれば問題なく融資を受けられますが、派遣社員やアルバイトなど非正規雇用者の場合
融資を受けることは厳しくなります。
ただし、借入限度額を低く設定することで審査に通ることは可能です。

カードローン等融資の申込の際は、必ず他社からの借入れ件数や、借入金額を申告します。
借入金額が多いと総量規制に引っ掛かる可能性がありますし、件数が多ければ多重債務者として
審査で落とされる可能性があります。

また、審査に落とされ、立て続けに何社も融資の申込をすると、申込ブラックになる可能性があります。
2社までなら問題ないようなので、大手消費者金融2社の審査で落ちてしまった場合は
申込みを繰り返すよりも、半年以上の期間を開けてから、改めて申し込みを行う方が得策です。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ