住宅ローンの種類


住宅ローンは、銀行から借りるのが一般的ですが、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携している
「フラット35」も人気があります。

フラット35は、返済期間最長35年、金利が低く長期固定金利で、保証料不要、繰り上げ返済手数料無料と
多くの利点があることが人気の理由でしょう。

フラット35の申込は銀行の窓口になっていますので、現在住宅ローンを利用している人の中には
銀行のローンと勘違いしている人もいるかもしれません。

住宅ローンを利用する銀行は、何件か相談してみて、金利などの条件から自分に合ったところを選ぶと良いでしょう。

ただし、一般的に住宅ローンと呼ばれているものも、目的別に種類が分かれていますので
主なものを紹介してみます。

住宅ローン

新築住宅   ・・・新たに家を建築・新築の住宅を購入するためのローン
中古住宅   ・・・中古住宅を購入する為のローン
借り換え   ・・・現在利用中の住宅ローンを、金利や返済金額の有利なものへ変更する
つなぎ融資  ・・・注文住宅を建築する際に、着工から物件引渡しまでの期間にかかる費用を
          支払う為のローン
住み替え   ・・・現在住んでいる住宅を売って、別の住宅を購入する為のローン
建て替え   ・・・現在住んでいる住宅を取り壊し、新しく住宅を建築する為のローン
リフォーム  ・・・現在所有している住宅の修繕や、バリアフリー化・間取りの変更・水回りのリフォームなどの為のローン
セカンドハウス・・・既に住宅を所有している人が、別荘やなどのセカンドハウスを購入する為のローン
諸費費用   ・・・不動産仲介料・保証料・火災保険・登記費用・消費税など住宅を取得するためにかかる諸費用の
          支払いの為のローン

つなぎ融資とは、あまり耳なじみがないローンですが、注文住宅を建築する方にはよく利用されているローンです。
つなぎ融資はそれ単体で借りられることはまずないので、後々利用する住宅ローンと同じ金融機関に申し込むことになります。

私が住宅ローンの借り換えをしたときには、借入金の残高が少なかったこともあり、
手数料や登記料などの諸費用を含めた金額を借りることが出来ました。
このように、借り手の状況に合わせて、ローンを組んでくれるところや、独立したローンが用意されていないところ
それぞれ種類が細かく分けられているところなど、ローンの形態は金融機関によって様々です。

自分に合った借入先を見つけるのは、結構骨が折れる作業ですが
最近は便利な世の中になって、ネットで「××銀行 住宅ローン」と検索をかけると
その銀行のHPで住宅ローンの中身を確認できるようになりました。
不動産の購入は人生に何度もない高いお買い物ですから、住宅ローンの借入れも
納得のいく金融機関を選びたいものです。

金利の種類

高額な借り入れの場合、金利も0.01%の違いが大きく影響してきます。

変動金利型  ・・・景気の状況(市場金利)に合わせて金利が変動することを言います。
          金利の見直しは、毎年4月と10月に行われます。
当初固定金利型・・・借り入れ当初の数年間は固定金利となり、その語変動金利へ移行されます。 
          固定期間は2.3.5.10.15年から選ぶことができます。
全期間固定金利・・・返済期間中の金利が完全に固定されています。

住宅ローンの金利は、変動型と固定型に分かれますが、固定金利はさらに当初数年固定型と全期間固定型の2つに分かれます。

線期間固定金利の場合、契約した時から金利の健康がありませんので、借入れ途中で金利が下がった場合は、
損をしてしまいますが、市場金利が上昇していく時代には、かなりお得になる可能性もあります。

変動金利の場合、借り入れ当初から固定金利よりも金利が低く設定されていることが多く、お得感がありますが
市場金利に合わせて、一定期間ごとに変動する為、損と得どちらの可能性もあります。

あまり実感はないものの、2014年以降はアベノミクスの影響で、日本の景気が良くなると予想され、
それにあわせて金利の上昇も見込まれますので、最近は変動金利から固定金利に借り換える人が増えています。

固定金利変動金利ともに、時代の状況に合わせて、上手に借り換えをしていくことが必要でしょう。

       

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ