ノーローンは返済が遅れたらどうなる?返済の延滞には厳しい?


消費者金融で借り入れを行なった際に返済が遅れてしまうと、その代償として余分に金利を払わなければなりません。
今回は、ノーローンでは返済の期日に間に合わなかった場合、一体どれぐらいの金利が取られるのか?といった点と、さらに、一部インターネットでは、ノーローンは返済が遅れると厳しい対応を取ってくるということがささやかれていますが、それはどこから来ているのか?という疑問に答えるべく御紹介していきます。
早速、本題に入ると、ノーローンでは返済の期日に返済が行なわれないと、遅延損害金とうものが出てきてしまいます。
これはノーローンだけではなく、他の消費者金融でも同じように出てくるものであります。
通常の延滞をしていない時のノーローンの金利が18%で、延滞をしてしまうと20%となります。
この20%が返済の期日が過ぎた日から遅れた日数だけ日割りで掛けられることになりますので、通常と比べ2%分多く金利をかけられることになります。
しかし、2%と言うと、あまり危機感が沸かないという方のために、例を挙げて説明すると、今返済を行なわなければならないお金として、10万円があり、金利が18%となっていて、それを3日遅れで返済を行なったとしましょう。
実際の計算としては、通常の分は10万円に金利の18%を日割りにするために365で割った値を掛けて、それに3日分(3)を掛けます。
計算すると、およそ1,479円となります。
一方遅れた時の場合も同様に計算すると、164円と求めることが出来ます。
ですから、この場合の金利分の合計は1,643円となり、遅延損害金は164円となることから、やはりそれほどでもないのでは?と思われるでしょう。
金額的には少ないのは間違いありませんが、問題なのは金額ではなく、ノーローン側からの利用者に対する信用であります。
この信用がなくなることによって、今借りている金額をさらに増やそうと思っても、審査では今回のことでマイナスとなりますので、それが実現出来なくなる可能性が高くなります。
それだけではなく、今より借りられなくなったり、借りる事すら不可能となる可能性すら考えられるのです。
ですから、金額的には問題ないからといって、返済の期日を簡単に見過ごすようなことはしないことです。
脅かすわけではありませんが、このようなことは現実に行なわれており、延滞したままでいると、最後には差し押さえとなりますので、十分御注意下さい。
次にこのことに関連して、インターネット上でささやかれているノーローンにおいての延滞に対しての厳しさについて触れていくと、以下は私の予測となりますが、ノーローンは他の大手の消費者金融と比べると、あまり知れ渡っていない消費者金融であるため、既に大大手の消費者金融で借りている人が、さらに借り入れをしたい時に利用するといったケースが多いと思われます。
そのため、言い方は悪いかもしれませんが、お金を持っていない人が集まってくるような消費者金融とも言えますので、審査を多少甘めにして多くの御客様を集めて、延滞に関しては厳しくすることによって、多くのお金を集めようとしているのでは?と考えています。
しかし、それは返済の延滞をした時の話であって、延滞をしないことには全く気にすることのないことであり、比較的審査に通りやすいのであれば、逆に利用者からすれば有難い話ではあります。
最後にまとめとしまして、今回はノーローンの返済の延滞についてのお話をしていきたわけですが、ノーローンでは返済を遅らせることによって、他の消費者金融と同じく、金利が20%の遅延損害金というものが出てきます。返済をあまり長引かせない限りは金額的には小さいですが、信用に関わってきて、下手するとお金の借り入れが出来なくなったり、今より借入金額が減ってしまうこともありますので、延滞は避けるべきです。
ちなみに、ノーローンはこのような延滞には厳しく対処されるとインターネット上でささやかれていますが、きちんと返済を行なっている限りは何の心配もいらないですし、万が一、延滞しても近いうちに返済してしまえば特に問題はないでしょう。
今回触れなかったこと以外では、仮にいくつかの会社から借り入れをしていて、返済日を逃してしまうことが多いといった方は、借金を1本化するのも有効な手段であること、また、ノーローンでは返済を延滞することによって、会社側から、電話が来ることになっているということを付け加えておきます。
メインの話としては一応これで終わりとなりますが、ここからは私がノーローンに対して感じていることを御紹介していきます。参考程度としてお聞きください。
今回取り上げた消費者金融のノーローンは大手消費者金融と比較することによって不安な点が出てくるわけで、そのことが出てくる時点で多少遅れを取っていると言えるのかもしれません。
その不安な点として出てきたのは全部で3つあり、実際に挙げると、1点目は皆に知れ渡っている消費者金融でないということで、これはあまり宣伝が行なわれていないことを意味しており、宣伝が出来ないということは、それだけ経営に余裕がないとも取れ、今後大丈夫なのか?という不安はどうしても出てきてしまいます。
2点目は利息がかからずに利用出来るのが短期間であることから、消費者金融を利用したことがない初心者にとっては、あまり安心出来る会社とは思えないことです。実際大手消費者金融では1カ月の間利息がかからずに利用が出来ますが、ノーローンでは1週間となっています。借りたお金を全部返すことによって再び利用出来るものではありますが、あまりに短いと言えることには変わりありません。
3点目は、人によっては中々貸してくれないことです。これは私のみかもしれませんが、私はノーローンの審査で落ちた経験があり、その原因となったのが他の会社からの借り入れであります。
このように審査で不合格となり、次にプロミスに申し込んだら審査を通過することが出来たのです。
さらには、アコムでの借り入れ上限金額を増額出来たことも考慮すると、前述の1点目と同様、余裕がないとも考えられます。
こういったことから、大手の消費者金融、特にアコムやプロミスなら何の抵抗もなく利用することを推せるような気はします。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ