住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の審査。土日でも審査は可能?


カードローンにお申し込みされる際に、不安に思うこととして挙げられるものにはいくつかあるかと思われますが、”審査が不安”という方はかなりいらっしゃるのではないでしょうか?
例えば審査にかかる時間が気になったり、審査の中身といったものもあるでしょう。
そこで今回は住信SBIネット銀行のMr.カードローンを題材に、このカードローンの審査の中身とこのカードローンの審査は銀行が閉店している曜日であっても行なわれるのか?といった点等について見ていくことにします。
お金を貸し出しているところならどこでも同じですが、Mr.カードローンのお申し込みの際にも必ず審査は行なわれます。
審査においての合格ライン、どこを見ているか?といった内容については公にされていないのが事実でありますが、申し込む時に記入する内容から想像することは出来ます。
一般的に記入する内容としては、お名前、お住まい、勤め先等をはじめ、その他にも何年現在の家にお住まいか?一緒に住んでいる人の情報等、沢山あります。
したがって、審査ではこれらの回答内容によって、合否を決めていると見ることが出来ます。
また、よく聞かれることとして、銀行系の会社では審査を行なう際、あまり変化の激しくない生活を送っているか?が重要とされています。
そして、この変化に関わるものとしては、同じ会社に長く勤めているということや長く同じ家に住んでいるということが挙げられ、これについては当然長い人の方が審査で有利となるでしょう。
昔は携帯電話をメインとしている方が多かったですが、現在はスマートフォンの方がメインとなっている方も多くいらっしゃいます。
このような電話に関しても、持っているのがスマートフォンのみではなく、家に“固定電話”を持っている人の方が審査では有利になるとも聞かれます。
これは、万が一、利用者が返済を行なえない状態になった時に、固定電話がないことで、利用者は携帯電話を解約する等、逃げ道が沢山作れてしまうからだと思われます。
これら以外では、借家ではなく自分の家をお持ちの方や、誰かと一緒に住んでいる人の方がお金を持っている可能性が高いため、審査ではよく見られます。
以上、想定される質問内容について考えるとキリがないですが、ここで最も大切なのは虚偽の申告をしないということです。
これは、会社側でお申し込み時に提出したものとそれを証明するものとに何らかの矛盾点等が見つかれば、殆どの確率で審査では不合格となってしまうからです。
また、こちらが悪気はなく、単なる書類の記入ミスであっても、会社ではそのことまでは判断出来ないため、審査ではよく見られません。
ですから、カードローンの書類を提出する前には、書類を確認する作業を怠らないようにすることが大事になってきます。
では、次に肝心の銀行が閉店している曜日の審査についてですが、ちなみにこのカードローンは初めに仮審査のお申し込みを行ない、そこで承認されることによって本番の審査へと進み、そこでも承認されることによって、契約を結ぶことが出来るという流れとなっていますが、Mr.カードローンでは、お申し込みはインターネットでしかすることが出来ません。
よって、お申し込みそのものはインターネットという特性からいつでも好きな時に行なうことが出来ますが、審査そのものは残念ながら行なわれません。
さらにこれに関連した話をしていくと、大方の人の場合は仮審査にはあまり時間は要さないとされていますが、本番の審査が終わるまでの時間については、まちまちだと言われています。
というのも本番の審査では在籍確認が要となっていることから、この在籍確認にかかる時間次第では本番の審査の終わる時間が早くも遅くもなるわけです。
ただ1つ言えるのは、今回のこのカードローンは仮審査が含まれているため、他のカードローンと比べると少々時間がかかってしまうということで、これによって長い場合で7日間以上審査に要することも考えられますので、急いでいる方は特にその点に注意が必要です。
最後にまとめとしまして、今回は住信SBIネット銀行のカードローンであるMr.カードローンの審査は銀行が閉店している曜日でも行なわれるのか?といったことや審査の中身についてお話してきました。
審査の中身については、各社共、公にしていませんが、あまり変化が激しくないことが審査では有利になるということから、長く同じ勤務先にいらっしゃる方や長く同じ家に住んでいる方等が審査では有利になると思われ、その他にも自分の家を持っていない人よりも持っている人、1人で住まれている人よりも誰かと一緒に住んでいる人の方がお金を沢山持っている可能性が高いため審査では有利になることが予測されます。
しかし、最も気を付けたいもらいたいことは、虚偽の申告をしないことであって、もし記入したことが嘘だと気付かれてしまうと審査では殆ど不合格となってしまいます。
もっと言うと、悪気はなく単なる記入ミスであった場合も決してプラスとはなりませんので、書類を提出する前には確認を怠らないことが大事です。
もう1つの銀行が閉店している曜日の審査については、仮審査のお申し込みは行なうことは出来ますが、審査そのものは行なわれていません。
ですから、銀行の閉店日にお申し込みをしたとしても、審査が行なわれるのは次の銀行の開店日となるため、お金を受け取れるのもその日以降となります。
ただ、これが銀行の開店日であっても今回のMr.カードローンでは仮審査が存在していることから、審査には時間を要しますので、早めのお申し込みを心掛けた方が良いでしょう。
これまでのことから、Mr.カードローンは銀行系の会社特有の審査に時間を要するといった特徴を持っていることが分かります。
しかし、今回は触れませんでしたが、金利と借り入れ可能な最高金額については流石銀行系の会社という面はありますので、近い将来利用を考えている方は、比較的暇な時にお申し込みを済ませておいても悪くないかと思われます。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ