住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の返済が遅れた場合にまずやるべきこと


人から物を借りた時は必ずそれをいつかは返さなければならず、返すのが当たり前だというのは言うまでもないでしょう。
しかし、自分に悪気はなくても、つい忘れてしまうことや不幸な出来事に逢ってしまい返済日までに間に合わないこともあることでしょう。
それがお金となるとかなり重要となってきます。
そこで、今回はMr.カードローンを利用して借りたお金の返済が遅れてしまったら何が起きるのか見ていくこととし、それが起きてしまった時にするべきことについて御紹介していくことにします。
まず、Mr.カードローンにおいて、返済が遅れるとは、このカードローンでは予め決められている返済日に口座から残高が引かれるのですが、この日に引かれる分のお金が口座に入っていないと返済を延滞したとみなされます。
このように返済を遅らせてしまうことにより、第1に遅延損害金が出てきてしまいます。
遅延損害金の金利は年利20.0%となっていて、借りたお金の返済が全て終わるまで加えられていくことになります。
つまり、返済を遅らせることにより、月々の返済金額にプラスしてこの遅延損害金を支払っていかなければならないのです。
それに加えて、全て返し終えるまでは、追加でお金を借りることも認められません。
これは延滞した日数が少なければ、返済を行なうことにより追加での借り入れが可能となりますが、延滞した日数が長引くと返済を行なっても、追加での借り入れを認めてもらえないこともあるでしょう。
さらに延滞を続けてしまうと、利用者の携帯電話へ返済が行なわれていない旨を伝える電話が来ることになっていて、それでも行なわないでいると、勤め先、利用者の家の電話、郵便物で返済を促すようになり、信用も大きなマイナスとなってしまいます。
大概はここまで来れば返済を行なうものですが、まだ行なわないとなると、これまでの分割での返済は認めてもらえず、一括での返済を求められたり、裁判も起こされ、最終的には差し押さえといった悲惨なことが起きてしまうのです。
遅れに関しては、2日、3日といった遅れであれば、1回起こしたぐらいではすぐに不利となることは考えにくいですが、それを2度、3度と起こしてしまうことにより、今度は2日、3日程度の遅れであっても、信用がマイナスとなるといったように段々と厳しく見られるということもあり得ます。
ですから、借りたお金は本来なら1日でも遅れてはならないのです。
ここまでのお話で返済は1日でも遅らせてはならないことがお分かりになったかと思われますが、やむを得ない理由等で返済日に間に合わなかったり、間に合いそうにない場合は、そのことが分かった時点で、すぐに御客様サービスに電話を入れるようにしましょう。
Mr.カードローンの返済の遅れ等に対する電話番号は、フリーダイヤルで“0120-974-646”となっていて、携帯電話からでも御利用になられます。
そして、電話をした時には、遅れてしまうことの理由や遅れてしまった理由、何日までに返済を行なうといったことをお話することになるかもしれません。
その際は、嘘を付かないことが何より大事になってきます。
もし、返済に余裕があるのについ入金しておくのを忘れてしまったという方であれば、まずは住信SBIネット銀行に電話をして、その直後に返済を行なう口座へ返済するお金を入れておくようにしましょう。
このように返済を遅らせてしまったのはこちらの責任でありますので、電話をする際にはお詫びの気持ちを込めながらお話するということも忘れないで下さい。
最後にまとめとしまして、今回は住信SBIネット銀行のカードローン“Mr.カードローン”での返済を遅らせてしまった時に起きることについて御紹介してきました。
Mr.カードローンでは返済が遅れることにより、初めは年利20.0%の遅延損害金が出てきます。
遅延損害金は、借り入れしたお金にかけられることになっていて、借りたお金を全て返し終えるまでかけられることになり、その間は追加での借り入れも出来なくなります。
また、延滞を続けることにより、利用者の携帯電話、勤め先、利用者の家、郵便でも返済を促してくるようになり、それでも返済を行なわないでいると、分割の返済ではなく一括での返済を求められたり、裁判を起こされたり等と徐々に厳しい事態となっていき、信用も大きなマイナスとなります。
2日、3日の遅れが初めてである場合は、あまり深刻になる必要はありませんが、このような遅れを何度も繰り返すことにより、信用がマイナスとなりますので、返済は1日たりとも遅らせてはなりません。
万が一返済を行なえそうになかったり、返済日を逃してしまった場合は、それに気付き次第、即座に住信SBIネット銀行に連絡を入れ、お詫びの気持ちを持っていつなら返済を行なえるかを伝えるようにしましょう。
その際は、嘘は付かないといったこと、電話をした後に極力すぐに返済の口座へお金を入れるようにするのがベストです。
今回の記事で借りたお金はたった1日でも遅れてはならないことがお分かりになったかと思います。
返済が遅れることによって、会社からの信用がなくなりますので、何1つ良いことはありません。
カードローンを利用されるなら、無理のない借り入れをしていくことを意識し、遅れることなく返済を行なっていくようにして下さい。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ