今すぐキャッシングでお金を借りたい(アイフルの場合)


即座にキャッシングを行ないたい、もしくは可能であれば本日中にキャッシングを行ないたい、そう考えておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのような方達にお勧めしたいのが“アイフル”であり、ここなら、お申し込みに始まり契約に至るまで、家で行なうことが可能で、お申し込みをしたその日にお金を受け取ることが出来ます。
今回はこの“アイフル”についてお話していきたいと思います。
まずは、アイフルにおいてはどのような方法を用いれば、お申し込みをしたその日にお金を受け取ることが出来るのか?といったことについて、見ていきたいと思います。
それには何通りか方法は存在するのですが、最もシンプルで手軽に行なえるのは、WEB上でお申し込み、契約を行ない、利用者自身が所持している銀行の口座に融資を行なってもらうといった方法かと思われます。
この方法であれば、家に居ながらお申し込みから実際の融資まで済ませることが出来ますし、また自身が所持している銀行の口座へ振り込んでもらえますので、ただそこからお金を下ろすだけでキャッシングをしたことになりますから、とても助かるかと思います。
そして、このようなことから、ATM、自動契約機を使用することでどうしても他の人の視線が気になるといった方にとっても、非常に助かるものであると言えるでしょう。
そういった観点からも、この方法が最も推奨できる方法であると言えます。
しかし、注意点として、その日の内にお金を受け取るためには、極力午前か遅くとも昼の12時までにお申し込みをすることを心掛けて下さい。
というのは、銀行の口座は昼の2時半になると営業が終わってしまいますから、もしそれを過ぎてから、融資をお願いしたとしても、その日のうちには振り込まれません。
何らかの事情で、お申し込みが午後以降になってしまったり、契約も午後2時半までに終わりそうにない状態ならば、アイフル独自のATMの利用をすれば、その日のうちにお金を受け取ることが可能となります。
では、つづいて、先ほどのように午前までにお申し込みを出来ない等といった方がその日のうちにお金を受け取る方法についてのお話をしていこうと思います。
そのような方達は、アイフル独自のATMの利用といった他にもアイフルの無人契約機を用いることによって、それが実現可能とされています。
具体的に無人契約機にてカードを受け取る方法としては、3つ挙げることが出来ます。
1つ目は、お申し込みからカードの受け取りまでの全部を無人契約機で済ませてしまうといった方法、2つ目は、前もってお申し込みを完了させてから、カードを受け取りに行くといった方法、3つ目は、カード受け取りのみを無人契約機で行なう方法の3つです。
いずれもカードを受け取ってから、アイフルの利用が可能となっているATMを利用することによって、その日のうちにお金を受け取ることが出来るものとされています。
無人契約機も1年365日、午前の9時に始まり、終わりも午後9時となっていますから、仕事帰りに寄ることも可能と言えます。
ですから、仕事等で外出する機会が多い方であれば、この無人契約機の利用によって、より楽にキャッシングを行なえるのではないでしょうか。
また、そういったシステムに不慣れな方に向けた“てまいらず”と呼ばれる専用の電話ボックスも用意されていることもあり、利用した経験がない方や機械操作が苦手な方であっても、不安を感じることなく利用出来るものかと思われます。
最後にこれまでのことをまとめますと、アイフルにおいては、時間帯によってはお申し込みをしたその日のうちにお金を受け取ることができ、またそれを実現したいのであれば、WEBからお申し込みをされるのがよく、もしそれが無理であれば、午後9時まであればアイフルの無人契約機を御利用されることによって、その日のうちにお金を受け取るが可能です。またお申し込みに関して、それが午前中に済ませられそうであれば、WEBで行なうことによって、銀行の口座に振り込んでもらえますので、手間もかからないでしょう。それが無理な場合についてはアイフル独自のATMまたは無人契約機を利用されると良いでしょう。
このようにアイフルでは、複数の方法でキャッシングを行なうことが出来るのですが、キャッシングが出来るようにするためには、提出しなければ書類というものが必ずあります。万が一こういった書類に不備や書類が揃っていないとなると、契約作業も途中でストップしてしまいます。そうならない為にも、提出すべき書類については前もってきちんと確認しておくことを忘れずに行なうようにして下さい。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ