三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」で100万円かりる


銀行カードローンで即日融資、初回契約で100万円を借りられるものでしょうか?

色々な条件はありますが、答えはyesです。

そもそも銀行カードローンの最高限度額は総量規制の対象外という事もあって
500万円や1000万円など高額に設定されている銀行もいくつかあります。
しかし、現行カードローンの審査基準は消費者金融よりも厳しく
申込者の返済能力が厳しくチェックされますから、平均的な所得の方が
最高限度額まで認められることは、現実的に不可能だと思いましょう。

一般的な所得の方の場合、消費者金融の初回契約時にの限度額は50万円以下になることが殆どです。
銀行カードローンの場合限度額を300万円超にすることはかなり難しいですが、100万円超であれば
実現可能です。

即日融資に対応していて、初回契約時にも100万円借りられる銀行カードローンとして
「三菱東京UFJ銀行のバンクイック」は特におすすめのカードローンです。
「バンクイック」は、テレビ窓口やネット申し込みが可能ですので、平日の15時以降や土日など
銀行の営業時間外であっても即日融資の可能性があります。

三菱東京UFJ銀行のバンクイックで100万円借りる

銀行カードローンで高額融資を受ける場合、所得証明書が必要になります。
バンクイックの場合、限度額200万円までは収入証明書は不要です。

銀行によっては、限度額300万円まで所得証明不要となっているところもありますが
初回契約で限度額が300万円になることはめったにありませんので、融資の検討材料としては
あまり重要ではありません。

銀行カードローンは総量規制の対象外ですので、借入希望額が年収の3分の1を超えていても、何も問題はありませんが
年収200万円以下の人が限度額を200万円に設定することは難しいでしょう。
限度額の設定は申込者の返済能力によりますので、年収が高ければ高いほど、限度額を引き上げることができます。

三菱東京UFJ銀行のバンクイックの場合、限度額200万円超の申込に対しては、所得証明書の提出が義務付けられます。
また別途申込書が必要になる為、書類を揃える手間や時間、審査にかかる時間を合わせると、限度額200万円超で申し込むと
即日融資を受けることは難しくなります。

しかし、初回契約時の限度額を200万円以下にすると、バンクイックでは限度額200万円までは所得証明書が不要ですので
即日融資の可能性があります。
即日融資を希望する場合は、申込みがしやすく審査に時間のかからない限度額30~200万円が妥当な金額でしょう。

限度額の増額以来

カードローンの限度額を増額する為には、限度額の増額審査を受ける必要があります。
増額申請を受けた銀行は、利用者の利用実績に応じて増額審査を行い
審査に通るとカードローンの増額が可能になります。

増額審査に落ちてしまうと限度額を増額することはできませんが
現状の限度額での借り入れに支障はありません。
限度額が上がると、金利も低くなりますから、試しに増額申請してみるのも良いかもしれません。

増額審査に伴い、再度カードローンの申込が必要になる銀行もあり、面倒だと思う方もいるでしょう。
ですが三菱東京UFJ銀行は、電話一本で増額申請を行うことができます。

限度額の増額申請の申込先

三菱東京UFJ銀行第二リテールアカウント支店
「0120-76-5919」

受付時間・・・平日  9:00~21:00
       土日祝 9:00~17:00

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の特徴

1.最短30分審査
2.テレビ窓口で即日カード発行可能
3.平日15時以降及び土日の即日融資可能
4.来店不要/ネット申し込みで契約完了
5.1,000円から借り入れ可能
6.三菱東京UFJ銀行の口座不要で借り入れ可能
7.三菱東京UFJ銀行の口座保有者は、ダイレクトバンクから申し込み可能

銀行カードローンの中には、申し込む銀行の口座所有が必須の銀行もありますが
三菱東京UFJ銀行カードローンは、口座を保有していなくても申し込めることが特徴の一つです。
テレビ窓口でカードを発行・ATMで借り入れ、返済が出来るので、口座を開設する必要が無いのです。

三菱東京UFJ銀行カードローンのダイレクトバンキングを利用している方は、ダイレクトバンキングにログイン後
サイト内でカードローンの申込みを行うことができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン/バンクイックの金利は

利用限度額・・・10万円超~100万円以下 ・・・年利12.6~14.6%
        100万円超~200万円以下・・・年利9.6~12.6%
        200万円超~300万円以下・・・年利7.1~9.6%
        300万円超~400万円以下・・・年利6.1~7.1%
        400万円超~500万円以下・・・年利4.6~6.1%

カードローンの金利は限度額によって異なりますが、三菱東京UFJ銀行の場合は
一番高い金利でも14.6%と低い金利でお得です。

カードローンを比較するときには、金利が検討材料になります。
どこの銀行も限度額が高くなると、金利は低くなりますが、限度額を400万円超に出来る人は少なく
最高限度額の金利を比較するよりも、利用可能な低い限度額の金利を比較対象にする方が良いでしょう。

例えば、住信SBIネット銀行は下限金利が1.99%と業界最低水準を誇りますが
一般的な利用者が多いスタンダードプランの上限金利は14.79%となっています。
下限金利に惹かれて申し込みをしても、実際に利用できるプランの金利は14.79%だったという方が多いようです。

では三菱東京UFJ銀行のカードローンの場合、限度額150万円であれば金利は9.6~12.6%となります。
同じ限度額であっても、利用者の年収や利用実績によって金利は異なりますので、仮に金利9.6%が適用されたとすると
1万円の借入れでも、150万円の借り入れでも、金利は9.6%という事になります。

下限金利や、最高限度額のに対する金利よりも、現実的な利用金額の金利をチェックした方が
後々有利な融資を受けることが出来るのです。

メガバンクのカードローン比較

人生はじめてのカードローンの利用だと、やはり「メガバンクの方が安心」という方が多いと思いますので
メガバンク三行のカードローンをざっくり比較してみましょう。

三菱東京UFJ銀行   最高限度額・・・500万円、即日融資・・・可
三井住友銀行     最高限度額・・・800万円、即日融資・・・可
みずほ銀行      最高限度額・・・1000万円、即日融資・・・不可

三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行は、各支店に論の自動契約機が設置されているため、即日融資の利用や
即日カード発行が可能です。
両行とも、審査回答までの時間は最短30分。銀行口座を保有していなくても利用可能なことが特徴です。

一方みずほ銀行は、ローン契約機が運用されていない為、みずほ銀行の口座を保有していない方は
即日融資の利用はできません。
みずほ銀行で即日融資が受けられる可能性があるのは、口座とキャッシュカードを持っている方が
「キャッシュカード兼用カードローン」の申込みをした場合に限ります。

三行の最高限度額には大きな差がありますが、契約開始時に限度額が最高限度額をになることはありません。
また、限度額を500万円以上で利用している方も殆どいないので、最高限度額で比較する必要はないと思います。

みずほ銀行の金利は低金利のエグゼクティブプラン、通常金利のコンフォートプランの2種類のプランがありますが
どちらのプランが良いかをを自分で選ぶことは出来ません。
住信SBIネット銀行のスタンダードプランと同様に、みずほ銀行のカードローンも、ほとんどの方が
通常金利のコンフォートプランを利用することになります。

どこの銀行カードローンを選ぶかは、利用する方次第ですが、比較検討するときは
下限金利や最高限度額ではなく、御自分が利用できる限度額の金利を比較して
お金は賢く、計画的に借りましょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ