三菱東京UFJ銀行カードローン・金利


殆どの消費者金融の金利は4.5~18%前後で、借入れ限度額の最高額は「500万円まで」としています。
ただし、消費者金融からの借入れでは、最初から限度額いっぱいの500万円を借りることはできません。
実際に500万円を借りる為には、返済実績を重ね、長い時間をかけて、地道に限度額を増額していくするほかありません。
また、消費者金融での借入れは総量規制の関係で、借入れ限度額は年収の1/3までと定められている為
500万円の借入れには、1500万円の年収が必要となります。

しかし、銀行系カードローンであれば、利用実績によっては比較的限度額の増額もしやすく
最低限度額10万円~400万円超の大口融資の利用まで、幅広い借り入れが可能です。

高額な借り入れが必要な人であれば、金利の面からも「年4.6~14.6%」と消費者金融よりも断然低くなっている
銀行系カードローンを利用する方が良いでしょう。

消費者金融のキャッシングと比較すると、銀行系カードローンは審査に時間が掛ることが難点ですが
三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、審査が最短30分、即日融資が可能と、消費者金融並みの融資の速さが人気です。

また三菱東京UFJ銀行のバンクイックはローン専用カードが発行されるので
口座を持っていなくても即日融資が可能となりますので、お勧めのカードローンと言えます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利

三菱東京UFJ銀行カードローンの金利は「年利4.6~14.6%」で銀行カードローンの金利としては、一般的なものです。

銀行系カードローンは利用限度額によって金利が変わって来ることが特徴です。
限度額800万円~1000万円と設定されている銀行では、下限金利が3.0%以下となることもあります。

カードローン金利を比較するとき、「自分の希望する借入金額がいくら」なのかと
「借入限度額がいくらかになるか」がポイントとなります。

必要な金額が10万円だとして、100万円借りたときの金利を比較しても無意味です。
また、金利は借入限度額によって決まりますから、必要な金額が50万円だっとしても、限度額を500万円にした方が
金利は低くなります。しかし、300万円以上に限度額を設定する為には、勤続年数が長い正社員で、高額所得者である等
審査の内容が厳しくなる為、あまり現実的ではありません。

必要な金額がいくらなのか、自分に適した限度額がいくらなのかの見極めが重要になります。

利用限度額と金利

10万円以上100万円以下・・・年利12.6~14.6%
100万円超200万円以下 ・・・年利9.6~12.6%
200万円超300万円以下 ・・・年利7.1~9.6%
300万円超400万円以下 ・・・年利6.1~7.1%
400万円超500万円以下 ・・・年利4.6~6.1%

三菱東京UFJ銀行カードローンの金利は以上のようになります。

消費者金融の場合、100万円未満の借入金利は18%のところが多く、金利の面からみると
僅か6パーセント前後の違いとは言え、三菱東京UFJ銀行カードローンの金利の方がかなり有利と言えます。

ただし、審査に関して言えば、消費者金融の方が通りやすいという利点もありますので
50万円以下の借入れを希望する方で、短期間の返済が可能な方なら消費者金融を利用しても良いですが
50万円以上の借入れをお考えの方の場合は、銀行の方が良いでしょう。

借入金10万円/バンクイックの返済シュミレーション

三菱東京UFJ銀行バンクイックの返済シュミレーションを利用

入力内容
借入金額・・・10万円
返済月数・・・30ヶ月
借入利率・・・14.6%

毎月の返済額・・・3,998円

この場合返済期間2年6か月で最終的な返済総額は119,940円となります。

三菱東京UFJ銀行は、借入残高が10万円以下の場合、毎月の返済額を2千円にすることも可能ですが
その分返済期間が延びる為、総支払額は154,539円となります。

毎月の返済額を低くすると、返済の負担は減りますが、最終的な支払で借りたお金の10万円より
5万円以上も多く支払うことになる事を考えると、バカバカしいしもったいないですね。
10万円前後の借入れの場合、支払総額を考えると、「出来るだけ短期間で」できれば3年以内での返済が理想です。

借入金30万円/バンクイックの返済シュミレーション

入力内容
借入金額・・・30万円
返済月数・・・24か月
借入利率・・・12.6%

毎月の返済額・・・14,206円

限度額100万円以下の金利は12.6~14.6%ですが、金利は借りる人の年収や返済力などの条件によって異なりますので
今回は12.6%でシュミレーションを利用してみました。

借入金30万円で24カ月の返済の場合、毎月の返済額は1,426円最終的な支払総額は340,944円となります。
利息が低くなっても、借入金が30万円ともなると、利息分の支払いも大きくなってしまいます。

毎月の返済額を2万円で入力すると、支払期間は1年5か月(17回)となります。

借入金30万円で返済期間17カ月、年利12.6%と入力すると
毎月の返済額は19,361円、支払総額は329,137円となります。

毎月の返済額が2万円近いと、家計への負担が増えて大変ですが、支払総額が+3万円弱に抑えられれば
最終的な負担は軽く済みます。

三菱東京UFJ銀行カードローン/借入限度額

みずほ銀行は1,000万円・三井住友銀行800万円の借入れ限度額から見ると
三菱東京UFJ銀行カードローンの借入限度額は低い部類になります。

500万円超の借入れを希望する場合は、目的別ローンや他の銀行を選ぶ必要がありますが
住宅や高級車の購入に充てるのでなければ、500万円の借入れが出来れば問題ないでしょう。

銀行系カードローン/借入限度額比較と収入証明が必要な借入額

三菱東京UFJ銀行・・・最高限度額500万円・収入証明の提出100万円超
楽天銀行    ・・・最高限度額500万円・収入証明の提出200万円超
新生銀行(レイク)・・・最高限度額500万円・収入証明の提出100万円超
三井住友銀行  ・・・最高限度額800万円・収入証明の提出300万円超
オリックス銀行 ・・・最高限度額800万円・収入証明の提出300万円超
みずほ銀行 ・・・最高限度額1000万円・収入証明の提出200万円超
住信SBIネット銀行 ・・・最高限度額1000万円・収入証明の提出300万円超
ジャパンネット銀行 ・・・最高限度額1000万円・収入証明の提出200万円超

借入限度額が大きいのは、みずほ銀行・住信SBIネット銀行・ジャパンネット銀行の三行です。

ただし限度額が800万円・1000万円となっていても、誰もが最初からこの金額を借りられるものではありません。

借りる人の年収や勤続年数に応じて、ある程度限度額が大きくなる可能性はありますが
500万円以上の限度額にするためには、一定の契約期間、利用・返済実績が必要です。

銀行系カードローンの場合、消費者金融のように総量規制の影響を受けませんので
年収の1/3以上の借入れも可能です。
銀行によっては年収200万円台の正社員の借入限度額が100万円を超えた例もあります。

三菱東京UFJ銀行カードローンの借入限度額は「500万円」

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ