カードローンの賢い使い方を伝授


◆カードローンの賢い使い方を伝授!

カードローンの賢い使い方としておすすめなのは、借り入れ期間によってカードローンを使い分けることです。

同じ10万円を借り入れする場合でも、長期間の借り入れになればなるほど利息は高くなり、
短期間の借り入れであれば利息はとても少なくなります。

つまり、短期間の借り入れの場合は利息の差が出にくいので金利よりも利便性など別の点を優先し、
長期間の借り入れであれば金利を優先すると良いでしょう。

利用前に返済の利便性を考えておらず、「使い勝手が悪い」と感じてしまうケースは大変多いので、
必ず提携先のATMや住居の周辺にATMがあるかどうかを調べておきましょう。

カードローンの賢い使い方は、「できる限り利息を少なく借り短期間で返済する」ことです。
返済計画を立てた上で利用するようにしましょう。

◆カードローンを利用する必要がある?利用の成功例と失敗例を紹介

カードローン各社のCMでも流れるように、カードローン利用において計画性は欠かせません。
きちんとした計画なしに利用を開始すると、返済が滞り最終的に厳しい措置に繋がる恐れもあります。

カードローン申し込み前には、「本当に利用しなければならないのか」をもう一度考えましょう。
ここでは、カードローンを利用の成功例と失敗例をご紹介します。

①成功事例

≪Aさんのプロフィール≫
・性別:
男性 ・職業:
会社員

年収:
450万円

世帯人数:
5人(妻、子供3人)

利用したカードローン:
三井住友銀行カードローン ・借入金額:
100万円
≪内容≫

子供の大学入学費用を一時的に確保するために、三井住友銀行カードローンを申し込みしました。
審査は無事通り、もうすぐ完済予定です。

≪考察≫

大学入学費用はあくまでも一時的な出費と言えるので、Aさんのプロフィールからみるとカードローンを利用しても問題ないでしょう。

金利の低い三井住友銀行カードローンを選んだことも正解です。
完済時期も決まっていることから、計画的な返済を行ったと思われます。

②失敗事例

≪Bさんのプロフィール≫


性別:
男性

職業:
フリーター

年収:
200万円

世帯人数:
単身

利用したカードローン:
オリックス銀行カードローン

借入金額:
60万円
≪内容≫

Bさんは、約60万円のバイクを購入するため、オリックス銀行カードローンに申し込みしました。
無事に審査を通過しバイクを購入した後、勤務先が業績不振のため解雇になってしまいました。

≪考察≫

オリックス銀行カードローンは総量規制の対象ではないものの、
年収の3分の1前後を借り入れすると返済が苦しくなる可能性は高いです。
今回の場合も、年収200万円に対して30%の60万円を借り入れしてしまっていることに、返済計画の甘さを感じます。

利用目的がバイクの購入と言う点も、カードローンを利用してまで購入するべきではなかったのではないでしょうか。

◆計画的なカードローンの使い方とは

カードローンを利用するとき大切なのが、「生活を計画すること」です。
カードローンの公式ホームページにも「計画的に利用しましょう」と書かれていますが、
実際に「計画的とはどのような使い方なのか」ということまで書かれていることはないでしょう。

計画的にカードローンを利用するために必要なことは、以下の3つです。

① 完済時期を決める
② ご自身の返済能力を具体的に計算する
③ なるべくローンカードを持ち歩かないようにする

誰にでもできることのように見えますが、これらは全てご自身の計画性をコントロールするために大きな効果を発揮します。

カードローンは低金利で借りて、短期間で返済するものと心得ておきましょう。
そのためにも、できる限り途中で借り入れを繰り返さないほうが、スムーズに返済計画を立てることができます。

◆まとめ

現在、カードローンには多くの種類があり、それぞれに異なる特徴があります。
利用前にご自身のニーズを具体的に把握することで、ライフスタイルに合ったカードローンを見つけましょう。

また、申し込み前には「本当にカードローンが必要かどうか」をもう一度じっくり考慮してください。
返済計画を練ったうえで、賢くカードローンを活用するようにしましょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ