カードローンはできる限り繰り上げ返済をしましょう


◆カードローンはできる限り繰り上げ返済をしましょう!

「カードローンの効率良い返済方法はないだろうか」と思われている方もいらっしゃるでしょう。
カードローンは利便性が良いのが魅力で、ご自身のライフスタイルに合った使い方ができます。

しかし、返済に苦労する方も多く、長期間に渡り返済することになるケースも多いです。
インターネット上でも、借り入れに関して解説する記事は多いのに対し返済に関する記事は少なく、
返済に関する知識が満足に得られない現状があります。

そこで、カードローンの繰り上げ返済のメリット・デメリットや効率的な返済方法についてご説明します。

◆カードローン繰り上げ返済のメリット・デメリット

カードローンは大きく分けて以下の2種類の返済方法があります。

① 約定返済、② 随時返済

約定返済とは、契約上定められた期日に行う返済のことです。
返済手段としては、銀行引き落とし・ATMから返済・銀行振り込みなどがあります。
利用できる返済手段はカードローンにより異なりますが、利用されることの多い手段は「銀行引き落とし」です。
毎月、融資枠によって定められた金額(約定返済額)を返済します。

わかりやすくいえば、約定返済は「必要最低限の返済」と言えるでしょう。

随時返済とは、約定返済とは異なるタイミングで返済することです。
約定返済とは違い、「臨時的な返済」と考えると良いです。
返済手段は、銀行振り込み・ATMから返済・インターネット返済などがあります。
タイトルにもある「繰り上げ返済」も随時返済の一種です。

繰り上げ返済とは、約定返済とは異なるタイミングで返済したり毎回の返済金額を増やしたりと、
早期完済を目指すための有効な手段です。
ただし返済手段によっては、利用手数料が必要となる場合もありますので注意してください。

繰り上げ返済のメリット・デメリットを以下にまとめました。

≪繰り上げ返済のメリット・デメリット≫
①メリット

・利息額を削減できる

返済期間が短くなる

・総返済額を少なくすることができる

・精神的不安の軽減ができる

②デメリット


毎回の返済額が増える場合は、毎月の負担が大きくなる

一度に大きなお金が必要になる
・返済方法によっては手数料が必要になる

無理に繰り上げ返済すると、家計が赤字になってしまう可能性がある

以上からもわかる通り、カードローンの繰り上げ返済には金銭的負担が伴います。

経済的余裕がないにも関わらず無理に繰り上げ返済してしまうと、家計の負担が大きくなりすぎてしまうことも考えられます。
繰り上げ返済をしようと思ったら、可能かどうか見極めることが大切です。

繰り上げ返済のメリットとしては返済額に関するものが多いです。
特に返済期間の短縮による利息削減効果はとても大きいと言えます。

カードローンの多くはリボルビング返済方式という利息計算方法なので、
約定返済だけでは返済期間が長くなってしまう場合が多いです。
繰り上げ返済を上手に活用できれば、効率的に完済を目指すことが可能なのです。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ