無職でもお金を借りることはできるの?


“無職でもお金を借りることはできるの?

お金に困ったときやお金が必要になったときに、すぐに借入ができて便利なのがキャッシングやカードローンです。
ただし、キャッシングには金融機関の審査があり、その審査を通過できないと融資を受けることはできません。
では、リストラに遭って無職になってしまったというような人の場合、キャッシングやカードローンを利用して、お金を借りることはできるのでしょうか。

結論から言いますと、無職である方は、消費者金融や信販会社のキャッシングやカードローンに申し込むことができません。
キャッシングやカードローンには、いくつか申し込みの条件があります。
その条件の1つに「安定した収入がある方」というものがあります。
つまり、働いていて収入がないとキャッシングやカードローンに申し込むことはできないのです。

参考までに、いくつかの消費者金融の申し込み条件を挙げてみます。
アイフル・・・満20歳以上の定期的な収入と返済能力があり、アイフルの基準を満たす
アコム・・・20歳以上の安定した収入と返済能力があり、アコムの基準を満たす
プロミス・・・20歳以上69歳以下の本人に安定した収入がある方
モビット・・・満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方

このように、キャッシングやカードローンの申し込みには、年齢や収入が条件となっていることが多いのです。
申し込みフォームにも、勤務先の入力が必須となっており、「返済能力があること」というのが融資できる方の条件となっているようです。

また、賃金業法が改正されて、年収の3分の1までしか貸付けができないという総量規制が定められたというのも、申し込み条件に影響しているといえます。

では、無職である人がキャッシングやカードローンを利用するにはどうしたらいいのでしょうか。
「無職」といっても、決まった職に就いていないというだけで、アルバイトをして生計を立てているフリーターだという方もいるでしょう。
働くことを一切していないという人が、キャッシングやカードローンを利用することはできませんが、フリーターのようにアルバイトをしていたり、パートをしていたりしている場合には、キャッシングやカードローンに申し込みをすることが可能です。
正社員でなくても、契約社員や派遣社員として働いていたり、アルバイトやパートをしていたりする場合には、収入があるので申し込みをして、審査を通過し、お金を借りることも可能なのです。

一切仕事をしていなくて、収入がないという方がお金を借りる方法は、いくつかあります。
1つ目は、「持っているクレジットカードのキャッシング枠を利用する」という方法です。
ただし、クレジットカードを持っていて、キャッシング枠を付けていなければ、お金を借りることはできません。
無職であると、キャッシング枠を申し込んだ時の審査に通過できない可能性の方が高いので、これは、キャッシング枠の付いているクレジットカードを持っている無職の方に限ります。

2つ目は、「担保ありでお金を借りる」という方法です。
無職であっても、定期預金があれば、定期預金を担保にしてお金を借りることは可能です。
また、不動産などを持っている場合にも、不動産を担保に不動産担保ローンを利用することができます。
キャッシングやカードローンは、無担保でお金を借りるという方法になるので、申し込み条件に収入が関係してきますが、担保があればお金を借りる手段はあるのです。

3つ目は、「公的機関の制度を利用する」という方法です。
公的機関には、生活福祉資金貸付制度というものがあり、都道府県の社会福祉協議会に申請することで、お金を借りることができます。
他にも、教育訓練給付制度や年金担保貸付制度などがあります。

無職の人は、キャッシングやカードローンを利用してお金を借りることは難しいですが、それ以外の方法であればお金を借りる手段はあります。
自分が利用できそうな方法を選んで、借入の申し込みをしてみるといいでしょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ