カードローンに保証人は必要ない?


“カードローンに保証人は必要ない?

カードローンは、保証人がなくてもお金が借りられる商品になっています。
また、担保も必要ありません。
保証人や担保というのは、利用者の信用度や返済能力を判断する材料になりますが、カードローンにはその材料がありません。
では、カードローンの審査ではどのようなことを基準にして、その人の返済能力を判断しているのでしょうか。

カードローンの審査では、「属性」と言われる利用者の個人情報や勤務状況、年収、持ち家の有無などの情報から、その人がきちんと働いていて、借りたお金を返済することができるのかということを見ています。
仕事をしているかどうかということは、利用者が申告する書類だけでなく、会社に直接電話をかけて在籍確認を取るのです。
また、「属性」の他にも個人信用情報と言われている、過去の借入状況や返済状況などからも、返済能力の有無が判断されます。
このようなことから、返済能力の有無を判断するため、保証人や担保が必要ないのです。

保証人が必要ないということは、カードローンを利用する人にとってメリットが大きいのですが、それ以外にもメリットはあります。

1つ目は、「手続きの手間が省ける」ということです。
保証人がいるようなローンを組む場合には、保証人になってもらう人に書類をかいてもらったり、所得証明書などの書類を用意してもらって、提出しなくてはいけなかったりします。
保証人になる人も書類を記入したり、用意したりしなくてはいけないので、とても大変な思いをしますが、お願いする利用者も面倒な思いをします。
しかし、カードローンはそのような面倒な手続きが一切ないので、申し込みをしても大変な思いをしなくて済みます。

2つ目は、「人に知られることがない」ということです。
保証人が必要な場合には、当然ですが保証人になってもらう人にお金を借りるということを知られてしまいます。
できれば、お金を借りるということを人に知られたくないと思っている方も多いでしょうから、保証人がなく、人に知られてしまう心配のないカードローンはメリットが大きいといえるでしょう。

このように、カードローンには保証人がないために、いくつかのメリットがあります。
しかし、メリットだけではなくてデメリットもあるということを知っておかなくてはいけません。

カードローンのデメリットの1つ目は、「内緒で借りることでトラブルが起こる」と言うことです。
人に知られずにお金を借りられるというのは、カードローンのメリットなのですが、内緒でお金を借りたことで後からトラブルになるという可能性もあります。
「家族が黙ってお金を借りていたということが発覚したら」「返済できなくなってからカミングアウトされたら」と考えるとぞっとしますよね。
そのため、保証人がないことでお金を借りるのが、人に知られないというのは、メリットでありデメリットであるのです。

2つ目は、「借入限度額が低い」ということです。
カードローンには、保証人も担保も必要ないのですが、その分借入限度額は少なくなってしまうというデメリットがあります。
できるだけ多くのお金を借りたいと思っている方は、カードローンを利用するのではなくて、保証人が必要となるローンを組んだ方が借り入れできる可能性が高くなるでしょう。

3つ目は、「属性が低いと審査を通過できない」ということです。
カードローンでは、先に紹介した属性をもとに申込者が返済能力のある人かどうかということを判断しています。
しかし、アルバイトや契約社員というような雇用形態である人は、属性が低いため、正社員の人に比べて審査が通過しにくくなってしまうのです。

このように、カードローンには保証人が必要ないことがデメリットになってしまうこともあります。
そのため、カードローンを利用する時には、今回紹介したメリット・デメリットの両方を理解した上で利用するようにしましょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ