キャッシングの審査をスムーズに通過するにはどうしたらいいの?


“キャッシングの審査をスムーズに通過するにはどうしたらいいの?

キャッシングやカードローンは、便利で利用しやすいと人気が高いのですが、審査が通過できないと利用できないので、できればスムーズに審査を通過したいと考えている方も多いでしょう。
キャッシングの審査を受ける前に、審査項目や条件などがはっきりとわかっているといいのですが、キャッシングを扱っている業者で審査基準を明らかにしている業者はほとんどないのが実際です。

そこで今回は、キャッシングの審査をスムーズに通過するための条件について、考えていきたいと思います。
まずは、キャッシングの審査の種類について考えていきたいと思います。

キャッシングの審査には、「属性の審査」「個人信用情報の照会」「本人確認」「在籍確認」といった内容のものがあります。
「属性の審査」というのは、申込書や申し込みフォームに記入した、年収・職業・勤続年数・家族構成などの個人情報のことです。
これらの情報のことを「属性」といい、この「属性」を見て、申込者は返済能力があるのかどうかという大まかな判断がなされます。

「個人信用情報の照会」というのは、信用情報機関が管理している個人信用情報を見ることによって、過去にどのような利用の仕方をしているのか、返済は滞ったことがないのかということをチェックしています。
あまりにも借入回数が多かったり、返済がきちんとできていなかったりすると判断されてしまうと、審査が通らないということがあります。

「本人確認」というのは、運転免許証や保険証、パスポートというような身分証明書を提示することです。
インターネットで申し込みをする場合も、身分証明書を写真で撮影してメールに添付して提出しなくてはいけません。

「在籍確認」は、申込者が本当に申告した勤務先で働いているのかということを、電話で確認することです。
ただし、在籍確認の電話は個人の名前でかかってくるので、キャッシングを利用しているということが会社の人に知られてしまう心配はありません。

キャッシングの審査には、このような項目があり、これらの項目を一つ一つチェックされることによって、審査が通るのか通らないのかが決まるのです。

では、ここからが本題の審査をスムーズに通るためにどうしたらいいのかということです。
審査がスムーズに通過するためにどうしたらいいのかということは、審査をスムーズに通過した人の特徴を見ていくことで、分かってくると思います。

審査を通過した人の特徴は
・公務員である
・一部上場企業に勤めている
・正社員である
・社会保険や共済保険、組合保険に加入している
・勤続年数が10年以上である
・本人名義の家を持っている
・独身であるが両親と一緒に暮らしている
というものです。
これらの項目に当てはまっていると、審査に通過しやすくなるといえるでしょう。

ただ、「勤続年数」や「年収」「雇用形態」というのは、自分が努力したからといって、すぐに変わるものではありません。
しかし、ちょっとの努力をすることで、審査を通りやすくする方法があるのです。
それは、「クレジットヒストリーをクリーンに保ち、育てる」ということです。
クレジットヒストリーというのは、カード会社との取引実績のことをいいます。

では、クレジットヒストリーをクリーンに保つというのは、
・返済の遅延や滞納を起こさない
・借入件数を抑える
・一度に複数社に申し込みをしない
ということです。

また、クレジットヒストリーを育てるには、返済がきちんとできる範囲で借入をして、滞ることなく返済をするということが1番効果があります。
クレジットヒストリーを保ち、育てることで、自分の信用力がアップするので、キャッシングを利用する時でも審査をスムーズに通過する可能性が高くなります。

このような方法で、キャッシングの審査を通過できるようにしていくといいでしょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ