カードローンが利用できないのはどんな人?


“カードローンが利用できないのはどんな人?

最近、気軽に申し込みができて、利用しやすいと人気があるカードローン。
急な出費があるときに対応できるように、先に申し込みをしておいてローンカードを作っておくというのもいいですよね。
しかし、カードローンは誰でも利用できるというものではありません。
申し込みをした後の審査に通過しなければ利用することはできませんし、利用途中であっても利用停止をされてしまっては、使うことができなくなってしまいます。
実際に、そのような状況になってしまったという方も少なからずいるのです。

では、カードローンの審査に通過できないというような方は、どのような方なのでしょうか。
今回は、カードローンを利用できない人に焦点をあててみたいと思います。

申し込みの段階で、審査が通過できないというケースですが、業者の設定する条件を明らかに満たさないというようなことが考えられます。

申し込み込みの時には、名前・住所・勤務先・勤続年数・年収などの個人情報を記入します。
また、本人確認書類を提出したり、在籍確認を行ったりすることによって、さらに詳しい審査を行って行きます。
カードローン会社は、これらの情報を元にして審査を行うのですが、審査が通らない理由には次の5つが考えられます。

1つ目は、「年収が少ない」ということです。
カードローン会社は、お金を貸した後にきちんと返済できるかというところを見ています。
年収が少ないのに、お金を借りようとしている場合は、返済がきちんとできないと考えられて、審査に落ちてしまうのです。
年収が100万円未満であるアルバイトやパート勤務でも審査が通らないということではないのですが、年収が少なかったり、収入が全くなかったりするような場合は、審査が通りにくいのです。

2つ目は、「勤続年数の短さ」です。
勤続年数が短いと、職にしっかりと就いていないと見られてしまうため、審査に落ちてしまうことがあるのです。
一般的に、勤続年数が1年未満だというような方が断られてしまうケースが多いようです。
ただし、一部上場企業に勤めていたり、公務員であったりする場合には、勤続年数が短くても審査に通ることがありますので、一概に勤続年数が短いから審査が通過できないというワケではありません。

3つ目は、「パート・アルバイト・自営業者である」という場合です。
先にも述べましたが、カードローン会社は、申し込みをした人が返済能力のある人かどうかということを重視しています。
パートやアルバイト、自営業者の場合は、安定した収入を得ることができないと見なされることが多いので、返済能力が低いと評価されてしまうのです。
また、自営業者の場合は、カードローンで借り入れしたお金を事業資金として利用するのではないかと疑われてしまうこともあるため、審査が厳しくなってしまうこともあるそうです。

4つ目は、「過去に事故経歴が残っている」という場合です。
カードローンやキャッシングなどを利用して、返済が滞ってしまったり、遅延することが多かったりするということは、個人信用情報に記載されています。
カードローン会社は、利用者が提出した情報以外にも、この個人信用情報というのも見て、審査を行っています。
過去に返済がきちんとできていないと、返済能力がないと見なされて審査が通りにくくなってしまいます。
個人信用情報は5年間は記録が残ってしまうので、事故経歴がある方は最低でも5年間は新たに借入を行うことが難しいと言われています。

5つ目は、「一度に複数の会社に借入の申し込みをしている」という場合です。
一度にたくさんの会社に申し込みをしていると、何か困った事情を抱えているのではないかと疑われてしまい、返済できないのではないかと判断されてしまうことがあります。
同時にいくつかの会社に申し込みを行いたいという場合には、3社以内にしておくといいでしょう。

このように、審査の段階で断られてしまうという方の理由は様々です。
審査を通過するためには、カードローン会社の設定する条件を満たせるような属性を持つことが大切です。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ