自動車ローンを利用するときの注意点


自動車ローンを利用するときの注意点

新たに自動車を購入するという時に、現金一括で支払いができればいいのですが、なかなかそうはいかないという方も多いと思います。

そんな方がよく利用するのがマイカーローンや自動車ローンだと思います。

ただ、自動車を購入することに目が行きがちで、ローンの金利についてきちんと把握せずに契約をしてしまったという声もよく聞きます。

自動車購入というのは、大きな買い物なので、金利によって支払総額が大きく変わってきてしまうので注意が必要です。

購入する時に上手に交渉して、自動車の購入価格が安くできたとしても、金利の高いローンを選んでしまうと、せっかく交渉したのに結果的に損をしてしまうということもあるので、自動車ローンについてしっかりと理解しておきたいですよね。

ここでは、賢く自動車を購入するために、自動車ローンの金利や申し込むときの注意点などについて紹介していきたいと思います。

これから自動車を購入しようと思っている方は、参考にしてみるといいと思います。

まずは、自動車ローンの金利について紹介していきます。

自動車ローンの金利が何パーセントであれば、金利が低いといえるか分からないですよね。

例えば、マイカーローンの年利が5%といった場合には、金利が高いといえます。

自動車ローンの金利は、扱っている金融機関によって違いがありますが、2%台~5%台というのが一般的です。

多くの金融機関では、3~4%の金利を設定しています。

3~4%が自動車ローンの標準金利と考えると、年利5%というのはやや高めといえるのです。

標準的な金利が分かっていれば、年利5%の自動車ローンを勧められた時に断ることができますし、できるだけ低い金利の自動車ローンを探すことも可能になります。

自動車の購入をするときに、自動車ローンを利用しようと考えている場合には、年利が2%台の自動車ローンを探して申し込むといいといえます。

単に年利が5%より2%台の方がいいといわれても、実際にどのくらい支払いに差が出てくるのかということがわかりにくいと思うので、具体的に説明していきたいと思います。

今回は、100万円自動車を5年ローンで購入して、ボーナス時は3万円上乗せで支払っていくという設定で説明していきます。

そして、年利2.95%の場合と年利5.0%の場合で比較していきたいと思います。

まず、年利2.95%の場合の月々の返済額は12,975円で50回払いになります。

ボーナス時は3万円上乗せなので、42,975円の10回払いになります。

この場合の支払総額は、1,078,500円です。

一方、年利5.0%の場合の月々の返済額は13,916円で50回払いになります。

ボーナス時は、53,916円の10回払いです。

支払総額は、1,135,960円となり、年利2.95%の場合よりも57,460円多く払わなくてはいけなくなります。

このように、自動車ローンの金利というのは支払いにとってとても重要になってくるということが分かっていただけたと思います。

もう一つ注意してほしいのは、自動車ローンを組もうとする場合には、車両保険への加入が必須であるということです。

車両保険へ加入すると保険料が高くなるというデメリットがありますが、車両保険に加入していると、事故に遭った場合に車が大破してしまっても車両保険で自動車ローンの残高を支払うことが可能になります。

車両保険に加入せずに事故に遭ってしまった場合、車が手元からなくなり、ローンが残ってしまうという最悪の状況になってしまうので注意が必要です。

そのため、自動車ローンを組む場合は、必ず車両保険に加入するようにしましょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ