サラ金と消費者金融ってどう違うの?


サラ金と消費者金融ってどう違うの?

サラ金といわれるサラリーマン金融と消費者金融は、同じようにお金を借りることができるのですが、どう違うのか気になりますよね。

実は、サラ金と消費者金融は、一般的には同じで個人向けの融資のことを指しています。

そのため、違いはなく、サラ金=消費者金融といえます。

サラ金(消費者金融)での融資と銀行での融資は、賃金業法の対象になるかならないかという点で違いがあるので注意が必要です。

賃金業法の対象になるサラ金(消費者金融)は、総量規制により年収の3分の1までしか借り入れができないというきまりがあるので、融資を受けるときは気をつけましょう。

サラ金(消費者金融)の発祥は、団地金融であるといわれています。

団地金融というのは、団地に住んでいる主婦を対象にした貸し付けで、庶民金融ともいわれていました。

それが最近では消費者金融といわれているものになっています。

サラ金(消費者金融)の特徴といえば、銀行で融資を受けるのに比べると借り入れの手続きが簡単で、早く融資を受けることができるという点です。

サラ金(消費者金融)で融資を受けたいと思った時に、他の金融機関で借り入れがなく、収入が安定していると判断された場合においては、年収の1割や50万円以内の借り入れであれば、無担保・無保証で融資を受けることができるといわれています。

審査内容や借り入れないようにもよるので、一概にこれだけ借りることができるというわけではありません。

また、無担保・無保証というのは借り入れをするときは楽なのでいいのですが、一方で金利が高いので返済ができなくなってしまった場合、取り立てられることがあるので、融資を受けるときは無理のない借り入れをしましょう。

金利は、借入限度額が100万円未満の場合18.0%、100万円以上の場合は15.0%であるので、借り入れをするときにこの金利を頭に入れておきましょう。

最近では、賃金業法などが改訂されたことによって、悪質な取り立てをされることはありませんが、返済は期間内にできるように計画的な返済をしましょう。

サラ金(消費者金融)でお金を借りるときは、消費者金融でお金を借りる必要があるかどうかということをまず初めに考えましょう。

何のためにお金を借りるのかということをきちんと考えましょう。

ギャンブルのためにお金を借りる、ブランド品をたくさん買うためにお金を借りるというようなことをしていると返済できなくなってしまうケースがあります。

お金を借りるときには、借りたお金に利息がかかってくるので、その分も返済できるようにお金を用意できる目処をきちんと立てましょう。

利息は借り入れ額があるとずっとかかってくるものなので、返済が遅れれば遅れた分だけ利息が余分に付いてきます。

そうすると返済が苦しくなってしまうので、資金に余裕があるという場合にはできるだけ早く返済するようにしましょう。

また、初めて消費者金融を利用する場合は、30日間の無利息期間が設けられているようなサラ金(消費者金融)もあるので、そのようなサービスを上手に利用してお金を借りるのもいいと思います。

あとは、サラ金(消費者金融)なのかヤミ金融なのかということをしっかりと見極めることが大切です。

ヤミ金融といわれている業者は、法律で定められている利息よりも高い利息でお金の貸し付けを行ったり、悪質な取り立てを行ったりすることがあるため、注意しなくてはいけません。

最近では取り締まりも強化されていますが、ヤミ金融が存在していることは確かなのでお金を借りるときは気をつけましょう。
最後に、お金が必要な場合、消費者金融はとても便利なものですが、借り入れ額が高額すぎると返済が大変であるため、借り入れ額が少なくてすむようにするといいでしょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ