プロミスの借入額を増額する方法


プロミスを利用している人の中には、利用限度額を増額したいと思い実際に増額の申請をしたことがある人もいるかもしれません。
確かにプロミスでは最初に契約してからしばらく経過すると、利用限度額の増額が認められることがあります。
しかし利用限度額の増額には当然のことながら審査があり、その審査内容は結構厳しいものとなっているようなので、例え1つでも増額に対し不適正だと思われる要素があれば、審査には通らない可能性が高いです。

増額申請に対する審査の内容ですが「プロミスを利用してからまだ半年以上経過していない・借入金の返済を遅延若しくは滞納したことがある・新規申し込み時と比較して他社からの借入金が増えた」この中で1つでも該当すると思われる項目があれば、利用限度額増額の審査は、まず通過できないでしょう。

中でも「借入金の返済を遅延若しくは滞納したことがある」という項目に関しては、信用問題となるため当てはまるとかなり不利な状況になると考えられます。

231

こちらではプロミスの増額審査に通るためのポイントをご説明します。

1.契約から半年は待つ

増額審査に通るためには最低でも半年間はプロミスを利用し続けましょう。プロミスからの信用を得てプロミスとって良いお客さんであることで増額審査が受けられるためです。

2.希望額は年収の3分の1以内に

総量規制という決まりがあって、これにより消費者金融のプロミスは個人の年収の3分の1までのお金しか貸すことができません。ですので、希望額は年収の3分の1以内にしましょう。

3.滞納日数に注意!2年待つ必要も

半年間に数日程度の返済遅れであれば、増額の審査ではそれほど問題にはなります。
しかし、プロミス以外の会社で複数回の滞納を行っているような場合は、滞納から2年間待って申し込むのが良いでしょう。なぜかというと支払い情報は2年間記録されるからです。
支払い情報は、2年間記録されるからです。

4.転職・独立の予定があるならその前に申請を

増額審査では、勤続年数も大事なポイントのひとつですから、転職・独立の予定があるならその前に申請をするようにしましょう。

利用額増額の申請をすると、どの様な手順で審査が行われるのでしょうか?

まず信用情報機関でプロミスを利用した際の全ての記録のデーターを拾い出し、過去に契約中に返済を遅延若しくは滞納をした経歴がないかなどを調べると同時に、他の金融機関でも借入金がないかについても詳しく調べます。
この調査の結果で、他の金融機関からの借入額が多かったり、過去に遅延若しくは滞納をしたことがあるという事実がわかると、増額申請は受け付けられず審査には落ちてしまいます。
また増額が認められないだけではなく、この審査の結果次第では反対に利用限度額の減少を言い渡されることもあり得るのです。
ですので、お金がすぐに入用だけど増額審査に通るかどうか不安だという人は、プロミスで増額申請するよりもいっそのこと別の金融会社で新しく契約して借り入れの申し込みをした方が追加でお金を借りやすいかもしれません。

利用限度額はこうして増額できる

自分から増額申請をしなくても、実は利用額の増額が可能になる場合があります。
最初の契約時に定められた利用額ですが、これはずっと一定ではなく利用実績によってはプロミスの方から増額できる旨を連絡してくることがあります。
定期的に利用者の利用限度額の見直しを行っており、大抵は最初の契約から約半年程経過すると最初の増額が検討されるようです。
それでは、実際にはどの様な利用者が増額の対象となるのかというと「遅延することなく返済日に支払いをしている・契約時に登録した住所や連絡先、また勤め先に変更などがあった場合速やかに届け出をしている・別の金融会社での借入額などの増加が認められない、また返済に遅延していない」といった人が利用額増額の対象となり、プロミスから連絡がくることがあるようです。
実際にインターネットなどでプロミスの口コミを見てみると、契約時50万円だった利用限度額が、3年後には150万円までに上がったという声も聞かれます。
プロミス側からの連絡を待たず、自ら増額申請をすることも可能ですが、最初に述べたように増額申請の審査はとても厳しいものとなっています。
最悪の場合、増額どころか減額してしまうこともあるので、ご自身の返済実績をよく見直してから申請した方がよいでしょう。

増額の申請方法としては、電話とインターネットからの申請が可能です。メリットとデメリットをまとめましたので、ご自身にあった方法で申請するようにしてくださいね。

★増額申請方法まとめ

メリット デメリット
電話 書類提出がなければ、
いちばんスピーディ
申し込みは平日9:00~18:00のみ
インターネット 申請自体は最も手軽でスピーディ
24時間申し込み可能
審査を受ける前に、結局プロミスからの電話を待つことになる
自動契約機 備え付けの電話を使い
毎日21時まで相談可能

収入証明書類の提出があるときには、最もスピーディ

本人確認書類が必要
(運転免許証、パスポート)
店頭窓口 相談可能 本人確認書類が必要

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ