プロミスとメリットとデメリット。大手会社なので利用は安心。

こちらでは、消費者金融のプロミスでキャッシングを行なうことで、利用者にとってどのような良い点、悪い点があるか?といったことについて説明していきたいと思います。
プロミスでキャッシングを行なおうと考えている方はもちろんのこと、現在ご利用中の方にも参考にしていただければ幸いです。
まず、良い点について見ていきたいと思います。

プロミスのメリット

良い点としては、全部で4つ挙げることが出来ます。
具体的に挙げると、1つ目は、消費者金融の中でも大きな会社であることから、利用にあたって不安がないということ、2つ目は、他の消費者金融と比べて金利が低めに設定されているということ、3つ目は、30日間は金利がかからずに利用可能であるということ、4つ目は、利用によりポイントが貯まるサービスが存在するということ、があります。

メリット1:大手だから安心して利用できる!

この4つの中で、最も良い点と言えるのは、何と言っても、1つ目に取り上げたキャッシングを行なう人が不安に思うことなく、利用可能であることかと思われます。
プロミスは、数ある消費者金融の中でも、非常に大きな会社です。
また平成23年に三井住友フィナンシャルグループの傘下となったことによって、資金が増え同時に信用しやすい会社となりました。

こうして、利用する側が全く不安なく利用出来る会社へとプロミスは変化したのです。

メリット2:他の消費者金融と比べて金利が低め!

つづいて、その他の良い点についても詳しく見ていきたいと思います。
プロミスでは他の消費者金融と比べて金利が低め!プロミスにおいては現在、金利は4.5%から17.8%に設定されています。
ちなみに、他の消費者金融を見てみると、アイフルが4.5%から18.0%、アコムが4.7%から18.0%となっており、上限の金利を見ると他と比べ若干低めに設定されているのが分かります。

メリット3:30日間無利息!

次に30日間は金利がかからずに利用可能ということですが、これは新たにキャッシングのお申し込みをされた日の次の日から、30日間は金利がかからずに利用出来るといったことになります。ですので、初めてキャッシングを行なうといった方にとっては非常に有難く安心して利用出来るものとなっております。

メリット4:ポイントサービス

4つ目の利用により、ポイントが貯まるサービスについて見ていくと、これはインターネット会員となっている方が対象となるサービスとなっており、月1回プロミスの会員の方専用のページにログインするだけでもポイントが貯まったり、収入を証明出来る書類を提出したり、返済日に関するメールを受け取ることでもポイントが貯まるといったように、ポイントが非常に貯めやすくなっています。

この貯まったポイントを使うことによって、提携先となっているATMを利用する際の手数料がかからなくなったり、もしくは金利がかからず、キャッシングを行なえたり等といった特典があります。

プロミスのデメリット

次に、プロミスでキャッシングを行なうことでの悪い点について見ていきたいと思います。
悪い点としては全部で3つ挙げることが出来ます。
具体的に挙げると、1つ目はプロミスが分類としては消費者金融だということ、2つ目は銀行系の会社で取り扱われているカードローンと比較すると金利が高めに設定されているということ、3つ目は総量規制が適用されるということ、以上の3つとなります。

デメリット1:消費者金融に分類される

これらについてもう少し詳しく見ていくと、まず1つ目の分類が消費者金融ということについては、消費者金融ということで現在はそうでなくても、非常に高い金利で貸し出しているといったことや、怖い人が取り立てに来るといった悪いイメージが抜けきれない方もいらっしゃるかもしれないということになります。
これは、利用した方しか消費者金融の現状が分からないので、仕方ないと言えるかもしれませんが、実際は大手なので取り立てなどの心配は全くありません。

デメリット2:銀行系の会社と比べると金利が高い

つづいて2つ目の銀行系の会社と比べると金利が高いといったことですが、ちなみに三井住友銀行の上限金利が14.5%、みずほ銀行が同じく14.0%となっており、17.8%であるプロミスはそれらと比べると高めとなっております。
またこのような高い金利であることから、借金の1本化というものがしにくくなってしまいます。

とはいえ、銀行や信販の金利は一見して低く見えましすが、銀行だけあって銀行や信販のカードローンの審査が非常に厳しいことは有名です。大変な負担をかけて申込しても、審査が通らなければ借りれませんから、それを含めて考えると、プロミスが非常に使いやすいということが分かると思います。

デメリット3:総量規制が適用される

3つ目の総量規制が適用されることについては、これによって、利用者の1年間の収入の3分の1を超えるキャッシングは行なえないといったことや給料を得られていない方は利用不可能といったこと等が出てきます。
銀行系の会社で取り扱われているカードローンにはこの総量規制は適用されないので、そういった面では不便に感じるかもしれません。

以上、メリットとデメリットを列挙しましたが、デメリットはどれも銀行系の会社で取り扱われているカードローンと比べた時の悪い点であり、他の消費者金融と比べた時には、これらは悪い点としては出てこないかと思われます。

結論:プロミスはトップレベルの消費者金融

それに先ほど良い点として4つのことを挙げた通り、利用に対して不安がないことや金利が低めである等といったことでは、プロミスは非常に優れています。
最後にこれまでのことをまとめていくと、プロミスでキャッシングを行なう上での良い点としては、消費者金融の中でも大きな会社であることから、不安に思うことなく利用出来るといったこと、他の消費者金融と比べて金利が低めに設定されているということ、ポイントが貯まるサービスが用意されているといったことが挙げられます。

逆に悪い点としては、分類が消費者金融であることからイメージの悪さが抜けきれない方がいらっしゃるということ、銀行系の会社で取り扱われているカードローンと比較すると金利が高めに設定されている為、借金の1本化がしにくいということ、そして総量規制が適用される為、キャッシング金額に上限が設けられるということになります。
ですが、他の消費者金融と比較すると、サービスが充実していたり、従業員の教育が徹底されている等といったことから、トップレベルの消費者金融であるということは間違いないでしょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ