プロミスでのキャッシングの流れ

今回はプロミスで借り入れが出来るようになるまでの流れの中でもお申し込み方法について見ていきたいと思います。
いざプロミスでお金を借りようと思っても、プロミスのことを良く知らないことには不安は拭えなかいかと思いますので、今回の記事を参考に安心してプロミスでお申し込みが出来るようになりましょう。
まず、消費者金融を利用したことがない方へ向けて借り入れが出来るまでの流れについて見ていくと、当然最初はお申し込みをするところから始まり、その後審査が行なわれます。その審査に合格することが出来たならば、契約を行ない、契約を結んだ後借り入れが出来ることとされています。
では、ここからはそれぞれの段階について詳しく見ていきたいと思います。

プロミス申込の条件を確認

プロミスでお申し込みをする時には一定の条件がありまして、それは年齢が20歳以上で70歳未満であること、それに加えて利用者自身が毎月きちんと給料を得られていることが必要となります。
そのことから、パートをしている主婦の方やアルバイトをしている学生でも利用することが可能となっています(フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です)。

必要書類を準備

上記の条件をクリアしているならば、次に書類を用意することになりますが、この際の必要な書類としては、本人を確認出来る書類となります。
このような書類としては、運転免許証(運転免許証をお持ちでない方は、パスポートをご用意ください) ※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせてご用意ください。 ※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。 ※個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です。

その他、プロミスでの借り入れの上限金額として50万円を超過する金額を希望する場合もしくはプロミスでの借り入れの上限金額と他の消費者金融からの借り入れの金額を合算すると100万円を超過する金額を希望する場合のいずれかでも当てはまる場合には、自身の収入を証明出来る書類も用意する必要があります。

収入を証明出来る書類としては、前年の源泉徴収や最近2か月分の給料明細となり、ボーナスを貰っている人はその2回分の明細も御用意下さい。

ネット、無人契約機、店頭、電話、郵便で申込可能

必要となる書類が揃ったらいよいよお申し込みをすることになり、プロミスではネット、無人契約機、店頭、電話、郵便といった方法が用意されています。
お申し込みをした後のプロセスとしては、どの方法を用いたとしても同じでお申し込み後は審査が行なわれ、契約を結び、その後借り入れが可能となります。

ネットからの申込

しかし、消費者金融を利用されたことがないなら、どの方法を用いたら良いのか分からないといったところもあるでしょう。
そういった方々へ向けてそれぞれのお申し込み方法について詳しく見ていくと、ネットを利用した時のメリットとしては、ネットという特性から1年を通じて時間を問わずにお申し込みをするといったことであり、これが最大のメリットと言えるのではないかと思われます。

ネットを利用した時の契約は、そのままネット上で契約を行なう、店頭で契約を行なう、といった中から選択することができ、ネット上での契約を選択されると、家に居ながら契約を終えるまでのプロセスを済ますことが出来るでしょう。
反対にこれを利用することの悪い点としては、プロミスのカードを受け取れる時間が少し遅くなってしまうということです。
もしこのことで都合が悪いなら、銀行口座への振込みによっても借り入れが可能ですので、こちらを御利用になると良いでしょう。

無人契約機からの申込

無人契約機を選択された方は、プロミスには自社の無人契約機と三井住友銀行の契約機が存在しますので、どちらかで契約を結ぶことになります。
このいずれかを利用することによって、およそ30分で契約を結ぶことができ、その間も人と顔を合わせることがなく、契約を行なうことができます。
さらに、契約後は即座にカードを受け取ることが出来ますので、お急ぎの方には最適かもしれませんが、無人契約機に入るところを誰かに見られたりすることから、人目が気になる方はこの方法は用いない方がよいでしょう。

郵送での申込

また、一切、人と会ったり、人に見られることが無いということを希望される方なら、郵送もお勧めで、先ほどのネットでのお申し込みもそれが可能となりますが、パソコンがあまり得意ではないという方もこちらを利用されると良いかと思われます。
ただ、書類が到着してからの手続きが行なわれるため、時間は要してしまいます。

電話や店頭での申込

これまでに御紹介した方法は、人と話すことがありませんでしたが、人と話すのが気にならない方であれば、電話や店頭でお申し込みをするといった方法も悪くはありません。
これらを用いることによって、特に初めて消費者金融を利用する方であれば、その不安を直接相談することにより、解決出来るといったメリットがあり、さらに来店であれば即座にカードが手に入りますので、お金もすぐに手に入れることが出来ます。
電話の場合は、契約を店頭で行なうか後日郵便で行なうかを選択することができますが、お金を早く受け取りたい方は、店頭を選択された方が良いです。
以上の2つの方法も、機械操作が得意ではない人にお勧め出来る方法と言えます。

結論:ネットからの申込がおすすめ

最後にまとめとしまして、今回はプロミスを例に消費者金融の利用が初めての方でも安心してお申し込みが出来るようにするため、お申し込み方法にスポットを当ててお話してきました。
プロミスでは、成人しておりかつ70歳未満で収入をきちんと得られていることがお申し込みの条件となっています。
お申し込みの際に必ず必要となるものが、本人を確認出来る書類で、場合によっては収入を証明出来る書類も必要となります。
また、お申込方法は全部で5通りの方法が存在しますが、どの方法を用いたとしても、お申し込み後のプロセスに変わりはありません。
人とお話することが苦手でない方やお申し込みの際に人目が気にならない方であれば、電話や店頭、無人契約機で行なうといった方法も使えますし、逆にそれが気になる方なら、ネットや郵便を用いてお申し込みをされるのが良いかと思われます。
しかし、やはりおすすめはネットからの申込です。

1年を通じて時間を問わずにお申し込みできますし、家に居ながら契約を終えるまでのプロセスを済ますことができるメリットは計り知れません。
ぜひ下のプロミス公式サイトから申込に進んでくださいね。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ