プロミスと銀行カードローンを比較!金利に関する意外な事実。

ここでは、大手消費者金融であるプロミスと銀行系の会社で取り扱われているカードローンを金利やキャッシング可能な上限金額といった面から比べていきたいと思います。
銀行系の会社として“みずほ銀行”、“三井住友銀行”、“三菱東京UFJ銀行”を取り上げていくこととします。
これらの会社はいずれも皆が聞いたことがあるかと思われます。

金利、キャッシング可能な上限金額はどちらが上?

まずは、この3つの会社とプロミスでは金利やキャッシング可能な上限金額についてはどのように設定されているのでしょうか?
最初にみずほ銀行を見ると、金利は4.0%から14.0%となっており、キャッシング可能な上限金額は1000万円となっております。その他の会社も同様に見ていくと、三井住友銀行は金利が4.0%から14.5%、キャッシング可能な上限金額が800万円、三菱東京UFJ銀行は金利が4.6%から14.6%、キャッシング可能な上限金額が500万円、そして、プロミスはというと金利が4.5%から17.8%、キャッシング可能な上限金額が500万円とされています。
以上のことから、金利、キャッシング可能な上限金額共に銀行系の会社で取り扱われているカードローンの方が有利であることが読み取れます。
とはいえ、よく金利を見てみるとプロミスがそれほど高く設定されていないことにも気付かされます。
これは、今現在においては、全体的に銀行系の会社で取り扱われているカードローン、消費者金融を比べてもそれほどの差がなくなってきていることからそうなっており、この原因は、平成22年に貸金業法が改正されたことにあります。

実際はそんなに差がない??

これについて、もう少し見ていくと、この貸金業法が改正されたことによって、それまで存在していたグレーゾーン金利が消滅しました。
グレーゾーン金利が存在していた時代は、大半の消費者金融において25%以上の金利を設定しており、ちなみに1番高いところでは29.2%といったところも存在していました。
ですが、グレーゾーン金利が消滅してからは、上記のような高い金利を設定している会社は存在しなくなり、1番高いところであっても、20%までしか設定しておりません。
そういった事から、現在においては消費者金融でキャッシングを行なうか、銀行系の会社でキャッシングを行なうかによって、金利面で10%を超えるような違いというのは考えられなくなってきています。

銀行は審査にも通りにくい!

したがって、1カ月間だけキャッシングを行うといった時や、小さい金額のキャッシングであれば、銀行系の会社、消費者金融いずれを利用したとしても、それほどの違いはありません。
さらにキャッシングが出来るまでの時間を比べると、銀行系の会社であれば審査に時間がかかるし、審査にも通りにくい等といった問題がありますが、消費者金融においては、審査もそれほど厳しく行なわれませんので、キャッシングが出来るまでの時間も短いといったメリットがあります。
とりわけプロミスにおいては、数ある消費者金融と比較しても、金利が低く設定されており、キャッシングが可能となるまでの時間を見ても、それらの中ではかなりの上位に位置しています。
それ以外にも、大きな消費者金融ということもあって、利用者が便利に利用出来るようにするため、サービスを充実させたり、従業員への教育も徹底されておりますし、ATMを多数設置しています。
これは利用者にとっては、喜ばしいことと言えるでしょう。

また、その他の点についても比較してみました。銀行には総量規制がありませんが、消費者金融は年収の1/3までしか借りれません。しかし、最初から上限の500万円まで借りるケースはめったにありませんし、そもそも500万円で年収の1/3といったら年収1,500万円という非常にレアな方しか対象にならないので、総量規制はあってないようなものなのです。
一方、消費者金融は即日融資が可能ですし、無利息期間もあるという多大なメリットがあります。

98

結論:銀行カードローンよりプロミスのほうが利便性あり!

以上のことから、銀行系の会社で取り扱われているカードローンと比較すると一見不利と思われがちなプロミスを利用したとしても、様々なメリットがあることがお分かりになられたかと思われます。

最後にこれまでのことをまとめていくと、プロミスと銀行系の会社で取り扱われているカードローンを比較すると、金利やキャッシング可能な上限金額に関しては、後者の方が有利であるのは間違いありませんが、金利に関しては貸金業法が改正され、グレーゾーン金利が消滅した現在においては以前ほどの違いはありません。
もっというと、審査にかかる時間、キャッシング可能となるまでの時間を比較すると消費者金融の方が有利であるといっても間違いではありません。
さらに、プロミスであれば大きな消費者金融ということもあって、利用者が便利に利用出来るようにするため、サービスの充実や従業員への教育も徹底されておりますので、気持ちよく利用出来るかと思われます。
これらのことから、お申し込みをしたその日のうちお金を受け取りたいといった方や長期間のキャッシングは考えていない方、もしくは大きな金額のキャッシングは考えていない方であれば、金利のみにとらわれて銀行系の会社を利用してしまうよりは、むしろプロミスを利用した方が利便性を考えても有利になるといっても過言ではないでしょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ