「借り換え」「おまとめローン」の審査とは


「借り換え」「おまとめローン」の審査とは

いくつかの銀行や金融事業者からお金を借りている場合、金利の低いローンに1本かできる「借り換え」や「おまとめローン」を利用することができます。

「借り換え」や「おまとめローン」は、返済を早く終わらせてしまいたいと考えている方にとっては、とてもありがたいローンといえます。

しかし、「借り換え」や「おまとめローン」を利用するためには、審査が必要になってきます。

この審査は、カードローンなどのよりも厳しいといわれているため、利用を考えている方にとってはネックとなるところといえるでしょう。

ただ、たくさんの借り入れがある方に向けたローンであるため、審査が厳しくなるのは当然といえるでしょう。

ここでは、「借り換え」や「おまとめローン」の審査項目や審査に無事通過するためのポイントを紹介していきます。

これから「借り換え」や「おまとめローン」を利用しようと考えている方は、この記事を読んで参考にしてみるといいと思います。

まず初めに、「借り換え」や「おまとめローン」の審査でチェックされる項目について紹介していきます。

チェックされるのは、大きく分けて4つです。

「借り方」「過去の申し込み・返済履歴」「職業」「年収」の4項目になります。

「借り方」というのは、例えば1つの会社から100万円借りているのか、3つの会社から合計100万円かりているのかということです。

この場合、1つの会社から借りている方が審査に有利になります。

なぜかというと、3社から借り入れをしているという場合、1社あたりの返済能力が低いと判断され、信用が低いという審査結果になるからです。

次に、「過去の申し込みと返済履歴」は、信用情報機関に登録されている個人信用情報からチェックされ、短期間に何回も借り入れをしていたり、過去に返済が滞ってしまったりしていることはすぐに分かってしまいます。

そのため、借り入れの仕方や返済履歴によって、返済能力があるかどうかを判断されるので、返済が滞ったことがある方や短期間に何度もお金を借りているような方は、審査が通りにくくなります。

「借り入れ」や「おまとめローン」の利用を考えている場合は、借り入れ回数が多かったというような時期を避けて、半年以上の期間をあけてから、申し込みを行うようにするといいでしょう。

「職業」については、どんな職種なのか、雇用形態はどうなのかということが見られます。

雇用形態で一番有利になるのは、正社員で、その次が契約社員や派遣社員、アルバイトやパートといった順になります。

「年収」は、高ければ高いほど有利になります。

また、勤続年数も長い方が有利です。

この4つの項目についてチェックされるので、自分の状況がどうなのかということを考えてから申し込みを行うといいかもしれません。

次に、「借り入れ」や「おまとめローン」の審査を通過するためのポイントを紹介していきます。

ポイントの1つ目は、申し込みをしすぎないということです。

借り換えを早く行いたくても、複数の業者や銀行に申し込みをするのはやめましょう。

短期間にたくさん申し込んでしまうと、お金に困っている人だとみられてしまうことがあるので注意しましょう。

ポイントの2つめは、申し込む金融機関の種類を選ぶことです。

「借り換え」や「おまとめローン」を扱っているのは、銀行や信販会社、消費者金融など様々です。

審査の取りやすさで選ぶのもいいと思いますが、「借り換え」や「おまとめローン」を前面に打ち出しているような金融機関を選ぶのもオススメです。

前面に打ち出している会社を選ぶことで、成功率はアップします。

ここで紹介したことを頭に入れて、「借り換え」や「おまとめローン」の申し込みをしてみるといいと思います。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ