カードローンを申し込むときに必要な書類とは


カードローンを申し込むときに必要な書類とは

カードローンの申し込みについて調べてみると、いくつか必要になってくる書類があると思います。

その中で絶対に必要となる書類として、「収入証明書」や「所得証明書」があると思います。

「収入証明書」は、自分の収入がいくらなのかを証明する書類だろうということは分かりますが、詳しくはよくわからないということが多いと思います。

ここでは、そんな「収入証明書」について紹介していきたいと思います。

カードローンを申し込むときに、金融機関に提出しなくてはいけないのが収入証明書です。

これは、先ほども述べたように、自分自身の収入を公的に証明する書類になっています。

お金を借りる場合には、どのくらいの収入があるのかということが審査の項目に入っているため、それをチェックするためにこの書類が必要となります。

ただし、申し込みを行う金融機関によっては、収入証明書が不要だという場合もあるので、申し込みをする前に確認をしておくといいでしょう。

収入証明書には、働き方によって呼ばれ方が違っています。

例えば、会社に勤務していたり、年金を受け取っていたりするような方の収入証明書となるのが「源泉徴収票」です。

源泉徴収票は、毎年年末調整の時期に配布されるので、準備しやすい収入証明書になると思います。

また、会社に勤務している方の場合、毎月受け取っている給与支払明細書も収入証明書となるので、源泉徴収票がない場合は、給与支払明細書を提出するといいでしょう。

自営業や法人役員の方、会社勤めの方の場合は、課税証明書や確定申告書が収入証明書となります。

働き方によって、用意しなくてはいけない収入証明書が違うので、カードローンを申し込むときには、自分はどの書類を用意しなくてはいけないかを確認して、申し込みの前までに書類を用意しておくようにしましょう。

金融機関は、収入証明書をもとに貸し付けのできる金額を設定するのですが、これは金融機関が独自に行っているわけではありません。

「総量規制」という法律が定められていて、年入の3分の1以上の貸し付けができないように決まっているため、収入証明書をもとに貸付の限度額を確認する必要があるのです。

銀行のカードローンの場合は、総量規制の対象にはならないのですが、消費者金融でカードローンを申し込む場合は、総量規制の対象になるので、年収の3分の1までしか借りることができないということを覚えておきましょう。

収入証明書が必要なのか必要ないのかということは、借入限度額によって決まります。

消費者金融の場合は、50万円以上の借入限度額の場合や、他社との借入額と合算して100万円以上の借入限度額を希望しているような場合に収入証明書の提出が必要となります。

少ない金額の借り入れを申し込むような場合は、収入証明書の提出が必要ないといわれるケースが多いです。

一方、銀行のカードローンの場合は、総量規制の対象ではないものの、必要書類の中に収入証明書と設定していることがあります。

収入証明書が必要かどうかというのは、銀行によって違うので、カードローンの申し込みをする前に、自分が希望する借入額の場合収入証明書が必要になるかどうかということを確認しておきましょう。

会社に勤務している方の場合、給与支払明細書や源泉徴収票を用意できれば、それが一番手間のかからない書類準備となりますが、これらの書類が紛失してしまっていたり、必要な月の分だけ給与支払明細書が用意できなかったりする場合には、課税証明書を取り寄せるという方法があります。

課税証明書は、市町村の役所で入手することができますが、営業時間内に役所に行かなくてはいけないです。

収入証明書が必要ないような借り入れをするだけならいいのですが、金額が大きい借り入れをする場合は、早く融資してもらうために事前に必要書類を準備しておきましょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ