ホームエクイティローンって何?


ホームエクイティローンって何?

最近、「ホームエクイティローン」と呼ばれるローンを扱うようになっている銀行が増えていますが、「ホームエクイティローン」を知っている方は少ないのではないでしょうか。

「ホームエクイティローン」は、自宅を担保にしてお金を借りることができるローンです。

ここでは、「ホームエクイティローン」について詳しく紹介していきたいと思います。

「ホームエクイティローン」は、所有する自宅の正味価値を担保にして、正味価値を融資限度とした借り入れができるというのが特徴です。

日本では、まだまだ一般的ではありませんが、アメリカではリフォームの費用や医療費、教育費などを借りるときに「ホームエクイティローン」を利用することが多いです。

正味価値というのは、評価額が2000万円の家の場合で住宅ローンの残高が1000万円あるとすると、正味価値1000万円ということになります。

そのため、自宅を建ててローンがたくさん残っている場合には、利用することができません。

「ホームエクイティローン」を利用したいと思っている方は、住宅ローンの返済がある程度進んでおり、自宅の資産価値がローン残高よりも高くなってからにしましょう。

融資限度は、自宅の正味価値によって決まりますが、借り入れ可能額は自宅の正味価値と利用者の年収などを加味して決めていくようにしましょう。

次に、「ホームエクイティローン」を利用するメリットを紹介していきます。

まず、金融機関にとってのメリットは、自宅という不動産の担保があるため、貸し倒れをしてしまうというリスクが少ないということです。

カードローンやキャッシングは無担保なので、それに比べると担保がある分金融機関はリスクが少なくてすみます。

一方、お金を借りる側としては、自宅を担保にするので返済できなかったときには自宅を渡さなくてはいけなくなりますが、無担保のローンよりも金利が低く、まとまったお金を借り入れすることができるというメリットがあります。

「ホームエクイティローン」は、ローン返済が進んでからしか利用ができないので、利用者の多くはローンの残高が少なくなった40代から50代の方が多いです。

40~50代の方は、子どものための教育資金が必要であったり、親の医療費や介護費がかかるためにお金が必要になったりすることがあるため、「ホームエクイティローン」を利用しやすいようです。

「ホームエクイティローン」で借りたお金は、使い道が決められていることがなく、原則自由に使うことができるので、自分の必要な費用として使えるというのが利用者からすると嬉しいところです。

「ホームエクイティローン」と同じように、自宅を担保にしてお金を借りるローンに「リバースモーゲージ」がありますが、どう違うのか気になる方もいると思います。

この2つの大きな違いは、ローンの対象になる方です。

「ホームエクイティローン」の場合は、40~50代の方を対象にしているのに対し、「リバースモーゲージ」は高齢者を対象にしています。

「リバースモーゲージ」は、高齢者の老後の資金をサポートするための商品で、お金を借りた後、月々の返済は必要ありません。

借り入れたお金は、担保にしている自宅を売却して返済するというのが一般的です。

「ホームエクイティローン」の場合は、返済は月々行って行かなくてはいけません。

こちらは、住宅ローンを返しながら利用することになります。

「ホームエクイティローン」を利用して、まとまった資金を用意したいと考えている方は、「ホームエクイティローン」を取り扱っている銀行を探すといいでしょう。

みずほ銀行や千葉銀行は、「ホームエクイティローン」を扱っていますので、気になる方は話を聞きに行ってみるといいでしょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ