楽天銀行カードローンの審査・申込方法と必要書類


◆楽天銀行カードローンの審査・申込方法と必要書類

≪楽天銀行カードローン 申し込みの流れ≫

① 楽天銀行スーパーローンの公式ホームページにアクセス
② 申し込みフォームに情報を記入
③ 審査と在籍確認の実施
④ 必要書類の提出(アプリを利用して提出もしくは郵送)
⑤ ローンカードの郵送(契約した日の翌日発送)
⑥ ローンカードに同封された口座振替依頼書を送り返す

≪楽天銀行スーパーローンの必要書類まとめ≫

①本人確認書類(いずれか一つ)
運転免許証、健康保険証、パスポート

②収入証明書類
源泉徴収票もしくは給与明細書、課税証明書、確定申告書

上記の書類を用意する際は、書類の有効期限に注意して下さい。

書類の有効期限が切れている場合、残念ながら提出書類として認められません。
提出前には書類の有効期限の確認を忘れないようにしましょう。

◆楽天銀行カードローン 返済の流れ

楽天銀行カードローンの返済方法は、約定返済と随時返済のどちらかによって異なります。
(※約定返済=毎月の返済 随時返済=約定返済以外での返済)

①約定返済

 口座引き落としのみとなっています。
 返済日は1日、12日、20日、27日(※楽天銀行口座のみ)のいずれかを任意で選択可能です。

②随時返済

 提携ATMから返済、振込み、インターネット返済(メンバーズデスクに登録要)

楽天銀行はネット銀行なので、直接利用できる店舗は存在しないうえ、無人契約機の設置もありません。
そのため、主な返済方法は、提携ATM返済と口座引き落としによる返済の2つです。

自社ATMはないとはいえ、全国100,000台以上の提携ATMで利用することが可能なので、
利便性に関して不便に感じることはほぼないはずです。

◆審査時間はどれぐらいかかる?

楽天銀行スーパーローンの審査時間は、最短即日です。
内容によっては2日以上かかる場合もありますので、その点を考慮したスケジュールで申し込みをする必要があります。

ローンカードの受け取りは郵送のみですが、審査に通過することができれば、
ローンカード到着前であっても楽天銀行カードセンターに電話で借入申し込みすることで、振り込み融資を受けることも可能です。

◆審査に落ちてしまったらどうしたらいい?

審査に落ちてしまった場合には、信用情報に申し込み履歴だけが残ります。
信用情報とは、クレジットカードや各種ローンの審査に利用される、社会的信用に関わる情報のことです。

信用情報は「信用情報機関」が管理しており、審査に必要な個人信用情報を企業に対して提供する仕組みです。
つまり、過去の審査履歴は次回の審査結果に影響を与えるのです。

この申し込み履歴は約6ヶ月間残りますので、
万が一審査に落ちてしまった場合には6ヶ月以上期間を空けて申し込みするようにしましょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ