カードローンの返済方法とは


カードローンの返済方法とは

カードローンを利用できる銀行はたくさんありますが、その返済方法は銀行によって違います。

そのため、銀行のカードローンを利用したいと考えている時には、申し込みの前に返済方法を確認しておくといいと思います。

ここでは、カードローンの返済方法のメインになっている3つの方法を紹介していきたいと思います。

1つ目は、自動支払いによる返済です。

これは、銀行で自動支払いサービスを申し込んで、登録してある預金口座から返済日に自動的に引き落とされるという方法になります。

この方法なら、返済日に返済額が引き落とされるので、返済が遅れてしまうというようなことがないので安心です。

ただし、登録している口座に残高がないと引き落としができないので、返済日の前に返済額がきちんと引き落とされるだけ残高が残っているかをチェックしましょう。

また、利用できる預金口座は、カードローンサービスを提供している銀行に限られる場合もありますので、利用前に確認しましょう。

2つ目は、銀行や提携しているATMから返済するという方法です。

この方法で返済をする場合は、カードと返済額を現金で用意しておかなくてはいけません。

ただ、カードを使ってATMから返済すると、手数料がかからないというメリットがあります。

口座引き落としではなく、自分で返済したいと考えている方は、ATMを使って返済するといいと思います。

また、コンビニのATMを利用する場合は、24時間使うことができるので仕事で遅くなってしまったり、銀行のATMが利用できない時間だったりしても返済ができます。

3つ目は、銀行振り込みによる返済です。

この方法は、銀行の窓口かATMから、専用の口座に振り込みを行って返済をするというものです。

銀行振り込みをする場合は、利用時間や利用機関によって手数料がかかることがあります。

手数料がかかるのが嫌だという場合は、あらかじめどの時間でどの機関を利用したら手数料がかからないのかを調べておくといいと思います。

また、手数料がかからない返済方法として、ネット銀行の振り込みサービスを利用するという方法もあります。

このように返済方法は色々です。

自分のライフスタイルや返済のしやすい方法を選ぶといいと思います。

また、カードローンの返済には約定返済という毎月決められた日に返済を行うという方法と、任意返済というお金に余裕があるときにも返済を行うというものがあります。

基本的に返済を行う場合は、約定返済で決められた日に返済額を返済していきますが、借入額を早く減らしたい、借入機関を短くしたいという場合には、任意返済を行って、余分に返済を行うことが可能なのです。

任意返済を行う場合は、自動振り込みでの返済はできません。

銀行や提携ATMを使うか、銀行振り込みによる返済に限られてしまうので、任意返済を考えている方は注意が必要です。

また、任意返済では残っている借入残高を一気に返済するということもできます。

あといくら返済しなくてはいけないのかということは、会員ページや電話での問い合わせなどで知ることができるので、残りの返済額を確かめてから、一括返済するといいと思います。

このような方法で毎月返済を行っていくのですが、返済を忘れてしまったということが起こるかもしれません。

そのようなときには、遅延損害金がかかってきてしまい、毎回の返済が約定返済と遅延損害金の合計となってしまいます。

そして、返済額と遅延損害金の両方の支払いが終わるまで、追加で借り入れを行うことができなくなってしまいます。

返済が何度も遅れてしまったり、滞納してしまったりすると銀行との信頼関係が崩れて、お金を借りられなくなったり、信用情報に傷がついてしまったりするので、返済が遅れてしまうことがないようにしましょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ