「リバースモーゲージ」って何?


「リバースモーゲージ」って何?

「リバースモーゲージ」という言葉を聞き慣れないという方もいるかもしれませんが、これは自宅を担保にしてお金をかりるという、不動産担保ローンの一種になります。

ここでは、「リバースモーゲージ」について説明していきます。

「リバースモーゲージ」には、自宅に住んでいながら、その自宅を担保にして老後のためのお金を借りることができるだけでなく、借りたお金を不動産の売却資金などで返済することができるという特徴があります。

自宅を担保にするということで、住宅ローンと似ていますが、「リバースモーゲージ」は、お金を借りている本人が亡くなった場合、金融機関が担保となっている自宅を売却してローンの返済金に充ててくれるという点が違います。

住宅ローンであれば、借り入れをしてから毎月返済を行っていくため、債務残高はどんどん減っていきます。

しかし、「リバースモーゲージ」の場合は、月々の返済がないため、債務残高はどんどん増えて行きます。

自宅を担保にして借りたお金は、生きているうちに返済する必要がないことや年金や一時金というような形で受け取りができることから、高齢者からの注目を浴びています。

近年は、受け取れる年金の額が減ってきていたり、退職金が少なかったりするため、老後の生活に不安を抱えている方も少なくありません。

そのため、老後の資金をどのように確保するのかというのは、高齢者にとってとても重要なこととなっているのです。

「リバースモーゲージ」は、上手に利用することができれば、自分たちの子どもに金銭的な負担をかけることなく、自分たちの老後の資金を確保することができるので、利用したいと考えている高齢者の方も多いようです。

「リバースモーゲージ」で借りたお金は、年金や一時金というような形で受け取って、生活費に充てるだけでなく、住宅ローンの返済にも使うことができるます。

そのため、退職金を住宅ローンの返済に充てるのではなく、退職金は取っておいて、「リバースモーゲージ」を利用して住宅ローンを返済するという方もいるようです。

この他にも、老人ホームやケアホームなどの高齢者施設へ入居するための資金や住宅のリフォーム資金、旅行の費用にも利用することができるというのも、「リバースモーゲージ」が注目される理由の1つのようです。

ここまでの説明では、「リバースモーゲージ」のメリットを紹介してきているので、「リバースモーゲージ」を利用した方がいいのではないかと感じる方もいるかもしれません。

しかし、「リバースモーゲージ」には、デメリットもあるので、利用する前にしっかりとデメリットについても理解しておく必要があります。

デメリットは大きく分けて3つあります。

1つ目は、金利が上昇してしまうことがあるということです。

「リバースモーゲージ」は、変動金利であることが多いため、自分が生きている時よりも亡くなった後に自宅を返済するときの方が金利が高いと、利息の負担が増えてしまうということが起こります。

また、金利の変動により、借入残高が担保になっている自宅の評価を上回ってしまうというリスクもあります。

2つ目は、自宅の価値が下がってしまうことがあるということです。

担保が自宅になっているため、不動産価格が低下すると担保にしている自宅の価値も低下してしまいます。

そうなると、融資額が見直され、毎月受け取れる金額が減ってしまうというデメリットがあるのです。

場合によっては、生きているうちに返済をしなくてはいけなくなる場合もあります。

3つ目は、利用者が長生きをしてしまうということです。

長生きをすると何がいけないのかというと、担保になっている自宅の価値以上の借り入れができないので、長生きすると途中で融資が受けられなくなってしまうのです。

このように、「リバースモーゲージ」を利用する時には、リスクもあるので注意が必要です。

また、相続人の許可も必要となるため、しっかり話し合いをした上で利用を考えた方がいいでしょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ